「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン
エン・ジャパン株式会社 / PR・IR・採用情報サイト

経営情報IRポリシー

1.情報開示の基本方針

エン・ジャパン株式会社(以下「当社」という)は、適時適切な会社情報の開示が健全な資本市場形成の根幹をなすものであることを十分に認識し、金融商品取引法等の関係法令及び上場証券取引所規則に則り、正確な会社情報を資本市場参加者並びにメディアにタイムリーに開示するとともに、全ての資本市場参加者が等しく当社の開示情報を入手できるよう公平な情報開示に努めます。


2.IRポリシーの目的と対象

(1)目的
このIRポリシーは、上記基本方針にもとづき当社に関する正確な会社情報を、タイムリーかつ公平に資本市場参加者並びにメディアに伝え、資本市場において当社の企業価値に関する適正な評価を得ることを目的に制定するものであります。

(2)IRポリシーの適用対象
このIRポリシーは、以下を適用対象とします。
対象者:当社の役員及び従業員
対象となる情報:当社から外部に発信される全ての資本市場関係者並びにメディア向けの情報


3.重要情報とその取扱い

(1)重要情報の定義
当社においては以下の会社情報のうち、未公表のものを公表すべき重要情報と位置づけます。
(イ)東京証券取引所適時開示規則等により開示が要請される情報。
(ロ)上記に該当しないが、投資家の投資判断に影響を与えると思われることから、上場証券取引所に対して自主的にファイリングする会社情報。

(2)公表の方法
上記(1)の「重要情報の定義」に該当する重要情報については、以下の(イ)を行った後、速やかに(ロ)を行います。また、必要に応じ重要情報の開示後 速やかに当社ホームページ等においてもその内容を開示します。
(イ)大阪証券取引所の適時開示規則に従い、適時開示情報伝達システム(TDnet)への登録・開示
(ロ)複数の報道機関に対するプレスリリースの実施


4.情報開示に関わる方針・対応

(1)情報の公平な開示
アナリスト、機関投資家、個人投資家並びにメディアを問わず、当社は公平に情報開示を行います。

(2)誤報および重大な状況変化に関わる対応
当社が過去に開示した情報に誤りがあったことが判明した場合には、速やかにその誤りを訂正しその内容を公表します。
また、過去に開示した情報から大きな変化が生じた場合にも、速やかに情報を更新しその内容を公表します。

(3)市場の噂に関わる対応
市場の噂に関しては、コメントしないことを基本方針とします。しかし、噂が資本市場に大きな影響を与える場合、又は証券取引所その他の機関から説明などの対応を求められた場合は、必要に応じ関連部署の責任者と協議の上、適切に対応します。

(4)将来の見通しに関わる開示方針
(イ)当社は、本決算発表時及び四半期決算発表時に業績見通しを公表しますが、将来の見通しに関しては、経済情勢、市場動向、税制や諸制度の変更等にかかわるリスクを含んでいます。そのため、将来、実際に公表される業績等はこれら種々の要因によって変動する可能性があります。
(ロ)情報開示担当者は資本市場参加者に対し、当社の将来の業績、将来及び現在の価値を適正に評価するためのガイダンスを与えることを目的とし、売上や利益等の業績見通しのほか、適宜、製品に関わる情報など、必要な会社情報を開示します。

(5)沈黙期間
(イ)決算情報の漏洩防止のため、決算(四半期決算を含む)期日翌日から決算発表日までを「沈黙期間」とします。この期間は、決算に関連する直近の開示情報とは異なる新たなコメントや質問への一切の回答を控えさせていただきます。但し、沈黙期間中に従来の業績予想が大きく外れることが見込まれ公表が必要と判断された場合はその限りではありません。
(ロ)沈黙期間であっても原則、決算発表の4週間前まで、決算に関連しない会社の経営戦略等に限っての取材については対応いたします。

(6)アナリストレポート等に関する対応
当社は、証券アナリストによる当社に関するコメントやレポート、業績予想等を支持することをしません。但し、著しい事実誤認や間違いがあれば、その旨指摘することがあります。


5.情報開示の方法

当社の会社情報の開示は、有価証券報告書等の決算書類への記載、TDnetへの登録、プレスリリース、当社ホームページへの掲載のいずれか、又は複数を組み合わせた方法により行います。

(1)プレスリリース
(イ)「3.重要情報とその取扱い」にもとづき、TDnetにより登録・開示された重要情報は速やかにプレスリリースを行います。
(ロ)上記の重要情報に加えて、当社は会社状況の理解促進のために、適宜、会社情報に関するプレスリリースを実施します。

(2)ホームページによる情報開示
(イ)当社は、会社状況の理解促進のために、当社ホームページを通じて、適宜、情報開示を行います。
(ロ)このIRポリシーで定義する重要情報の当社ホームページでの開示は、TDnetへの登録、及びプレスリリースによる公表の後速やかに行います。重要情報の当社ホームページでの開示はTDnetへの登録またはプレスリリースの代替とはならず補助的な開示方法として位置づけます。


6.その他

本ホームページ上での当社の情報検索にあたりましては、本IRポリシーのみではなく、別途掲載している免責事項も合わせてご参照ください。