現在募集中の職種とエントリーはこちら!
ENTRY
「そもそも」から考える。
デザインの仕事って
ほんとに面白い。
デザイナー / 2017年中途入社
Ayako Kaiju
デザインのポリシーは「何よりも、使う人のために」。

現在のミッションは何ですか?

おもに『エン転職』などのWebサービスや社内システムのUIデザインです。「ユーザーが自分に合う求人を探しやすくするには、どうすれば良いんだろう」「社内の管理システムはどんな画面なら使いやすいのかな」と、使う人のことを考えながら、日々、デザインを磨き続けています。

縦割りの組織ではなく、仕事の幅はかなり広いです。いちサイトの改善だけでなく、新サービスのUIデザインや市場調査、機能改修のディレクション、そのほか社内プロジェクトの支援など、本当にいろんな仕事を任せてもらっています。新しい仕事にチャレンジする機会には困らないですね。

デザイナーとして成長したい。だからエンを選んだ。

どうして、エンに転職を?

エンに入る前は、社員10人ほどのWeb制作会社で制作アシスタントをしていました。未経験からデザインの仕事ができることが嬉しくて、ページ更新やバナー作成など楽しんで取り組んでいましたね。

ただ、続けているうちに、デザイナーとしての欲が出てきて。「もっと成長したい」「もっと大きいスケールの会社なら、今より色々な経験が積めるんじゃないか」という気持ちが大きくなり、転職を考えるようになりました。

大手を中心に他社の選考も受けましたが、エンを選んだ最大の決め手は「ユーザーファースト」への想いです。面接で、そこまでユーザーを大切に考えているのか、と衝撃を受けました。それまで私は「オーダー通りに作ればお金がもらえる」という世界で仕事をしていて、その先にいるユーザーのことを考えたことがなかったんだ……と気付かされましたね。

デザインの技術的にも、人間的にも、もっと成長できるところに行きたい。そう思っていた私にぴったりの会社だなと。これだけサービスの品質にこだわる会社なら、デザイナーとして成長できると思ったんです。色々な仕事にチャレンジすることを応援する風土も魅力で、入社を決めました。

何のためにやるのか?「そもそも」を考える人が多い。

エンに入ってみた感想は?

ユーザーのため、社会のためなど、そもそもの「目的」「意味」を考える人が多いと思います。

エンに入った当初「ここに貼るバナーを作りたい」と言われそのとおりに作ったのですが、その後の議論で「そもそもここに貼るのが正解なのかな?ユーザーはどういう動線で、何を求めてここに来ているんだろう?」という前提を揺るがす質問を受けて。それが衝撃でした。

それまでの私には「お客さまのOKをもらえば良い」という考え方が定着していたんです。だから「そもそも」なんか考えるより、言われた通りに形にするほうが効率的。でもそれだと思考停止で、ユーザーや社会に対して新しい価値を生み出すのは難しいんですよね。そこから「何のためにやるのか」という目的や、ユーザーの状態などを自分の頭で考えるスタイルに変えるには、けっこう時間がかかりました。

でも、そのおかげで以前よりずっと、デザインの仕事が楽しいです。自分の頭で考えて工夫をして、ユーザーから狙いどおりの反応をもらえると、すごく嬉しいんですよね。ドーパミン出まくりで、伸び続ける数字をじーっと眺めちゃいます(笑) 社内システムの改善に関わったときも、現場のみなさんが日報で発信してくれる喜びの声が嬉しくて。次も頑張ろうって思えます。

職種にとらわれないチャレンジをしたいなら、エンへ。

最後に、応募を考えている人へのメッセージをお願いします!

ひとつの職種やスキルにとらわれず、いろんなチャレンジをしたい人にぴったりの会社だと思います。私もデザイナーとして入社しましたが、今はデザインの傍らディレクションをしたり、新規事業のアイデアを投稿したり。やりたいことは色々とやらせてもらっています。

今後は、いつか自分で「プログラミングやデザイン領域へのキャリア転換」を応援できるサービスを作りたいと思っています。新卒のとき、専門分野がないことが不安だったんです。転職をする中で「Webデザイン」という軸ができて、ずいぶん生きるのがラクになったので、そういう体験を広められたら嬉しいなと。チャンスをつかめるようにこれからも頑張ります。

単に手を動かすのではなく、自分の頭で考える。それが面白いと思える人は、きっとエンで活躍できると思います。いつか一緒に仕事ができたら嬉しいです。

募集職種
エン・ジャパンのこれからを共に作っていく新しい仲間を、
下記のポジションで募集しています。