Creating Shared Value
本業で、社会に貢献する。
エン・ジャパンは2000年の設立以来、「入社後活躍」にこだわり続けてきました。

入社後活躍、それは就・転職や採用の瞬間をゴールとするのではなく、「入社者の人生の充実」「企業の業績向上への貢献」までを見据えた事業運営を行うということ。

従来から「採用された人材が定着せず、転職を繰り返してくれたほうが都合がいい」と言われてきた業界の常識からすれば、はなはだ非効率な考え方といえるかもしれません。

それでも正しいと思えることに真正面から挑む。愚直に取り組み続ける。この青臭い姿勢こそが、私たちのプライドであり、存在価値なのです。

慈善活動や寄付によるCSR活動ではなく、本業で社会に貢献していく。アメリカの経済学者マイケル・ポーター氏が2011年に提唱した「CSV=Creating Shared Value(共通価値の創造/本業での社会貢献)」に近しい考え方といえるでしょう。

私たちはこれからも、採用のみならず「入社後活躍」に強いこだわりを持ち、本業で社会に貢献し続けていきます。
取材に基づく
正直詳細な求人情報
主力サイト「エン転職」では、正直・詳細な求人情報の提供をポリシーとし、エンの担当者が1社1社丁寧に取材を実施。企業・仕事の良い面だけでなく、そうでない面も正直に伝えることにより、入社後のギャップ低減を目指しています。
無料採用支援ツール
の提供
予算に関わらず、すべての企業が求人情報を手軽に発信できる環境を整え、求職者が十分な情報のもとに仕事を選べる環境を。そんな想いのもとに生まれたのが、採用支援ツールengage(エンゲージ)。完全無料で採用サイトの作成が可能です。
会社クチコミ情報
の提供
求人情報にとどまらない多面的な情報提供により、ミスマッチのない転職先選びを支援するべく、企業クチコミサイト「カイシャの評判」を開設。2014年からは「エン転職」へのクチコミ掲載もスタートしています。
業界初!紹介会社の
レビューを掲載
人材紹介エージェントの集合サイト「ミドルの転職」では、転職コンサルタント一人ひとりの実績・ユーザー評価などを掲載。ミスマッチのない転職を実現するためのパートナー選びを支援しています。
入社後活躍支援
プログラム
当社サービスを通じて転職された方をその後3年間にわたって継続フォローするサービス。定期配信のサポートメールや無料のオンライン動画講座などを通じて、新天地での活躍を応援し続けていきます。
入社後活躍研究所
専門組織「入社後活躍研究所」では、当社がこれまでに蓄積してきた事例やデータを踏まえ、「入社後活躍」に関する情報発信・調査・研究・提言を実施。より多くの方の人生の充実と、企業の業績向上に貢献していきます。
20代活躍
プロジェクト
就活の時点で「大手」「優良」と呼ばれる企業に早々に囲い込まれ、本来の力を発揮できていない20代の「埋蔵人材」を発掘すべく開始したプロジェクト。新聞広告での問題提起から、実際の転職支援まで。社会が抱える潜在的な人材課題の解決に取り組んでいます。
社員の活躍を支援する
人材活躍支援サービス
人材育成・社員教育サービス「エンカレッジ」は、独自開発の「KAIZENシート」により、ただ講義を聴いて終わりではなく、学んだことを翌日からの行動に直結させられるのが特長。受講者本人の明確な意思・行動変革により、個人の活躍と定着、組織の活性化を実現します。
活躍可能性を見極める
適性検査
大学名や偏差値といった肩書きではなく、知的能力や性格・価値観といった“中身”を測ることができる適性検査。企業の業績向上に欠かせない「入社後活躍可能性の高い人財」の採用をサポートします。