「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン
エン・ジャパン株式会社 / PR・IR・採用情報サイト

ミドルの求人動向調査
73%の転職コンサルタントが、
2016年は35歳以上のミドル求人が増えると回答。
―『ミドルの転職』コンサルタントアンケート集計結果―

2016/02/23

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木  孝二)が運営する人材紹介会社集合サイト『ミドルの転職』( http://mid-tenshoku.com/ )上で、サイトを利用している転職コンサルタントを対象に「ミドル人材の求人動向」についてアンケートを行ない、172名から回答を得ました。以下、概要をご報告します。

 

■調査結果概要

★ 73%の転職コンサルタントが、2016年はミドルの求人が増えると回答。

★ 増えそうなミドルの求人案件は「首都圏から地方」、「中小メーカーの営業職」。

★ 62%の転職コンサルタントが、ミドルに求められるスキルに変化があると指摘。ミドルに求められているのは「プレイングマネージャー」の役割。

 

■調査結果詳細

 

1:73%の転職コンサルタントが、2016年はミドルの求人が増えると回答。(図1)

ミドルの転職を対象とした求人募集数の変化について伺うと73%のコンサルタントが「増加する」と回答しました。理由は『就職氷河期に相当する35歳~45歳の社員数が他の年齢層より少ないから』、『若年層(25歳~35歳)の人口減少に伴い採用が困難なため』、『育成に手間暇がかかるポテンシャル人材よりも、職種や業界に精通した即戦力=ミドル層のニーズが高い』などが挙がりました。その他のコメントもご紹介します。

 

【図1】2016年は「35才以上」のミドルを対象とした求人募集はどのように変化すると思いますか。

 

20160223_ミドル1.png

 

「2016年はミドルを対象とした求人が増えると思う」と回答した方のコメント

•景気が後退しない限りは、求人は減らない。企業の若手志向は変わらないが、若手が採れない場合には、年齢要件を緩和、対象年齢を上げても採らざるを得ない状況はあると思うので。

•今までは35歳以下の人材ニーズが非常に高い状態が続いていた。そのニーズは変わらないが、35歳以下の採用が困難になっているため必然的に年齢層が高めの求人が増加していくと思う。
•建設業界に関しては、2020年まで業界全体の案件見込みが非常にあるため。
•35歳以下が採用しにくく、また課長職などの中間管理職が不足しているため。
•新規事業などの案件で即戦力の採用が増えると見込まれるから。
 

 

2:増えると予想されるミドルの求人案件は「首都圏から地方」、「中小メーカーの営業職」。(図2~図7)

ミドルの求人トレンドについて伺うと、43%の転職コンサルタントが「首都圏の企業から地方企業への転職」が増えそうだと回答。地方創生や、親の高齢化などを背景に地方勤務希望者が増えるのではといった声が多く挙げられました。次いで多かったのは「同業種への転職」(42%)でした。企業タイプでは「中堅・中小企業」(79%)、業種では「メーカー」(56%)、職種では「営業・マーケティング職」(66%)がそれぞれ最多となっています。成長段階にあるメーカーで売上を作るポジションでのニーズが高いことが分かります。このほか、年収、役職についても伺っています。

 

【図2】ミドル人材の転職トレンドとして、今後増えそうだと考えているものを教えてください。※複数回答可

 

20160223_ミドル2.png

 

【図3】求人募集が増加すると見込んでいる「企業規模」を教えてください。※複数回答可

 

20160223_ミドル3.png

 

【図4】ミドルを対象とした求人募集が増えると見込まれる「業種」を教えてください。※複数回答可

 

20160223_ミドル4.png

 

【図5】ミドルを対象とした求人募集が増えると見込まれる「職種」を教えてください。※複数回答可

 

20160223_ミドル5.png

 

【図6】ミドルの求人募集が増加すると見込んでいる「年収帯」を教えてください。※複数回答可

 

20160223_ミドル6.png

 

【図7】ミドルの求人募集が増加すると見込んでいる「役職」を教えてください。※複数回答可

 

20160223_ミドル7.png

 

3:62%の転職コンサルタントが、ミドルに求められるスキルに変化があると指摘。ミドルに求められているのは「プレイングマネージャー」の役割。(図8・図9)

「ここ2~3年と比較をしてミドル人材に求められるスキルは変化してきていますか」と伺ったところ、62%が変化してきていると回答。実際に採用企業が求めるスキルを見ると「高いレベルでの実務遂行力」(68%)、「目標や課題を自ら設定し、解決策を考える能力」(46%)が上位に挙がりました。

求められるスキルが変化している理由は、旧来型の管理職タイプではなく、プレイングマネージャーとして活躍できるタイプを求める企業が多いことが分かります。具体的なコメントもご紹介します。

 

【図8】ここ2~3年と比較して、ミドル人材に求められるスキルは変化してきていますか?

 

20160223_ミドル8.png

 

「ミドルに求められるスキルが変化していると思う」と回答した方のコメント

•いわゆる大企業の管理職(自分ではなにもしない)は嫌われる傾向にあり、自分で全てやってきたプレイングマネージャー的なスキルが求められてきている。
•異業界でも、職務を遂行できるスキルが高いと判断されれば選考のテーブルに乗る機会が増えた。
•採用の判断軸として、以前は年齢は最重要項目でしたが、スキル実績人柄など本来見るべき項目を見る人事や経営者が増えている気がする。
•企業環境の激変に対し、ミドル層の強化を含め【即戦力人材】強化を必要としています。 経済環境の変化・円安環境への対応を基に企業の求めるスキルは業界によっても変化してきていると感じます。
•昔のような専門性だけを問う時代から、幅広い能力が求められている傾向が強くなっている。
•プレイヤーの実行力と、マネージャーとしての管理能力がより求められるようになっている。
•人財がいない中で、1名でそれ以上のパフォーマンスを発揮できる人材が求められるため。
 
 

【図9】ミドルの転職者に対して「採用企業が求めるスキル」の上位3つを教えてください。

 

20160223_ミドル9.png

 

【調査概要】

■調査方法:インターネットによるアンケート

■調査対象:『ミドルの転職』( http://mid-tenshoku.com/ )を利用するエージェントの転職コンサルタント

■有効回答数:172名

■調査期間:2016年1月12日 ~ 1月22日

■その他調査項目  ※下記の結果に興味のある方は、広報までお問合せください。

・2016年はミドルの転職の転職に適した年かどうか

・ミドルを対象とした求人募集が増えると見込まれる「ポジション」「年齢」

 

 

ミドルの転職』 http://mid-tenshoku.com/

 

mid_top1.png

ミドル世代の登録者(平均年齢39歳)100万人が利用している、専門分野に精通したエージェントが転職活動を支援するサイトです。求人を扱うエージェントの情報や各転職コンサルタントに対する求職者からの評価も掲載。転職活動の成功や入社後の活躍のために適切なアドバイスや求人を紹介してくれるエージェントとの出会いを創出します。

 


▼プレスリリース ダウンロード 20160223_ミドルの転職(2016年ミドルの転職市場予想).pdf


 

エン・ジャパン株式会社
広報担当:森本、大原
TEL:03-3342-4506 FAX:03-3342-4507
E-mail:en-press@en-japan.com