ニュース詳細

就職サイト『[en]学生の就職情報』調べ
09卒対象「第3回 就職活動意識調査」(2007年7月実施)
調査結果を発表 ~進む就職活動の早期化を背景に~

2007/08/30

 エン・ジャパン株式会社(証券コード4849)が運営する就職情報サイト『[en]学生の就職情報』(http://gakusei.enjapan.com/)は、就職活動の早期化や売り手市場がもたらす学生の就職意識の変化を調査するため、2009年卒業予定学生(現:大学3年生)を対象とした「第2回 就職活動意識調査」(2007年7月実施)を行いましたので、以下概要をご報告致します。

【大学3年生の就活事情】

■「就職・就職活動をかなり意識している」は前回調査から5ポイント増の28%。一方で「就職活動をどのように進めるかわからない」学生はほぼ横ばいの63%。

 就職活動について現在どの程度意識しているかという質問に対して「かなり意識している」と回答した学生は、前回調査(6月11日~6月13日)23%から28%に増加した。また、就職活動の進め方について「あまり理解していないと思う」「まったく理解していないと思う」と回答した学生は前回調査とほぼ変わらず63%となった。

 インターンシップが実施される夏季休暇を前に、就職活動への意識が高まっているものの、具体的なプロセスの理解まではまだ追いついていない様子がうかがえる。

■7月までに就職サイトへアクセスした大学3年生は52%から62%に増加。大学のガイダンスに出席した学生は43%から57%へアップ。

 ここ3ヶ月間に就職活動を行ったかと聞いたところ、既に活動を開始していると回答した学生は、前回調査75%から84%に増加した。具体的な活動内容としては前回52%だった「就職サイトへのアクセス」が62%でトップ。次いで「ガイダンスへの出席」が57%、「就職サイトへの登録」51%となった。

 7月時点で6割近くの学生が就職活動のスタートをきっていることがうかがえる。

【「就職活動意識調査」(2007年7月実施)】

●調査期間:
2007年7月12日~7月17日 
●調査方法:
インターネット調査
●調査対象:
大学3年生男女の方で、一般企業に就職意向のある方
●調査サンプル数:大学3年生150人

【[en]学生の就職情報2009 就活準備サイトのご紹介】

 [en]学生の就職情報では、2009年卒学生向けの就活準備サイトを運営しています。企業の生の情報を伝えるため、1社1社に足を運んで取材し、第三者視点のリアルな情報を発信しています。

 また、昨年10万人の学生が利用したWEB適性診断「[en]MY VALUE」も受付中。大脳生理学に基づいた簡単な自己分析診断を受けることで、自分の強みがわかる内容となっております。加えて適職発見、自己分析、エントリーシート作成までを無料でサポートしています。

【[en]学生の就職情報2009 就活準備サイトコンテンツのご紹介】

『プロの仕事研究』…仕事研究ができる!社員が仕事を通じて成長していく様子を独自取材したノンフィクション・ストーリー
『インターンシップコーナー』…日本最大規模のインターンシップ情報
『Grow up seminar』(グローアップ・セミナー)…受講者1万人を突破した人気の無料就職活動準備講座

以上

本件に関するお問合せ先

エン・ジャパン株式会社
経営企画室 IR・広報グループ 池田/田辺
TEL:03-3342-4506 FAX:03-3342-4507 
E-mail:en-press@en-japan.com