ニュース詳細

~企業の女性活用の取り組み・考え方~
企業の意識調査

2008/06/27

 エン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)は、運営する中途採用支援サイトの利用企業 575社を対象に「企業の女性活用について」アンケート調査を実施しましたので、以下概要をご報告します

【 TOPICS 】

飛躍的な伸長率!女性活用に取り組んでいる企業は、26%から 34%へ

⇒企業側に女性活用への取組みを尋ねたところ、「取り組んでいる」と回答した企業が 34%となり、2004年の同調査の結果である 26%を大きく上回りました。ここ数年で、取り組みが進んでいることが伺えます。     

女性活用の取り組みで最も多い回答は、「育児サポートの制度」

⇒女性活用に取り組んでいると回答した企業に、どのような取り組みをしているか、質問したところ、「育児サポートの制度」が 58%で1位となり、「結婚・出産に対する再雇用制度」が 44%で2位となりました。

女性活用に取り組む理由のTOPは、「現在いる女性社員が優秀だから」(42%)

⇒女性活用に取り組む企業が活用に取り組んでいる理由は、「現在いる女性社員が優秀だから」が 42%で最も多く、僅差で「女性の方が優秀な人材を採用できるため」(38%)となりました。この結果から、企業が女性活用の取り組みを行うのは、優秀な人材の流出を防ぐための自然な流れであることが、伺えます。
   
 
半数以上の企業が、「女性活用が企業業績を高める」と感じている

⇒女性活用が、企業業績を高めると思うかを聞いたところ、全体の約6割におよぶ 58%が、「女性活用が企業業績を高める」と回答。一方、「企業業績への影響は無い」という回答した企業は、全体の 16%にとどまりました。

女性活用時の課題・・・「インフラ」、「職業観の違い」、「転勤」

⇒女性活用時の課題を質問したところ、「託児所などのインフラ」(45%)、「男性社員との職業観の違い」(43%)、「既婚者の場合、配偶者の転勤」(41%)の3つに回答が集中しました。
 


▼調査データ ダウンロード ⇒ 
女性活用に関するアンケート調査報告(pdf)


 

エン・ジャパン株式会社
経営企画室 IR・広報グループ 池田/田辺/西名
TEL:03-3342-4506 FAX:03-3342-4507 
E-mail:en-press@en-japan.com