ニュース詳細

人間関係能力テスト『3E-hⅡ』
2010年度新入社員受検結果報告

2010/07/27

エン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)は、中堅・中小企業を中心とした2010年度の新入社員(270名)を対象に、企業が求める特性や能力を持つ人材を短時間で簡単に見極められる適性テスト『3E-hⅡ』を実施いたしましたので、その結果についてご報告いたします。


人間関係や仕事の面でのストレス耐性は高いものの、
自身に対する周囲からの評価を気にする傾向がある


【全体傾向】

●性格特性においては顕著な傾向はみられない。

●ストレス耐性は、人付き合いの面や仕事の負荷におけるストレスの強さはみられるが、自身に対する周囲からの評価を気にする傾向がやや見られる。

●キャリアの指向は、社会性のある事業や仕事を好み、安定雇用やワークライフバランスを求める人も多いが、他方で経営幹部や起業家を目指す人も多くみられる。

【職種傾向】

●営業関連職
⇒仕事をする原動力となるエネルギー量は、全職種中で最も高い。また、チャレンジ精神が旺盛で、経営幹部へのキャリア指向が高い傾向にある一方で、協調性は全職種中で最も低い。

●事務関連職
⇒周囲への気配りができ、協調性が高い。ワークライフバランスを重視しており、経営幹部やアントレプレナーへの指向は低い。

●技術関連職
⇒性格的には穏やかで人間関係を大切にし、気配りもできるものの、スペシャリスト指向がやや高い。

●販売サービス関連職
⇒周囲に対する気配りができ、持続性も高く、人間関係に関するストレス耐性が高い。また、社会奉仕への指向が高い。

エン・ジャパンは、上記のような傾向を把握できる人間関係能力テスト「3E-hⅡ」の提供や採用・教育支援により、中堅・中小企業が採用した人材が最大限の能力を発揮できるよう取組んでまいります。

【調査概要】

実施時期:2010年5月下旬~6月下旬
対象:2010年4月入社の新卒社員270名
    <企業内訳>
    1,000名以上    1社
    301名~1,000名  4社
    300名以下    24社 計29社
    <職種内訳>
    営業関連職             91名
    企画・事務関連職          27名
    サービス・クリエイティブ関連職  31名
    技術関連職             107名
検査方法:人間関係能力テスト「3E-hⅡ」 
 

 


調査データ ダウンロード ⇒ 2010年度新入社員受検結果(pdf)


 

以上

エン・ジャパン株式会社
広報 矢元・高橋
TEL:03-3342-4506 FAX:03-3342-4507 
E-mail:en-press@en-japan.com