ニュース詳細

企業が求める適性を持つ人財を発見できる!
適性テスト『3E-i』、『3E-hⅡ』 
英語版・中国語版の販売開始

2011/10/07

 エン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二、以下「エン・ジャパン」)は、企業が求める特性や能力を持つ人財を、短時間で簡単に見極められる適性テスト『3E-i』、『3E-hⅡ』の英語版・中国語版の販売を開始いたします。


 近年、日本企業における外国人の採用ニーズは高まる傾向にあります。従来はグローバル展開する大手企業が中心でしたが、中小企業においてもその動きは広まりつつあるようです。
 しかし、生活環境や習慣が異なる外国人を採用するとなると、日本人を採用する場合と比較して、自社が求める適性を持っているのか、自社で活躍できるのかといった点を見極めるのが困難です。

 そこで当社は、その企業において「活躍できる」人財を見極めることができる適性テスト『3E-i』、『3E-hⅡ』の英語版・中国版を開発いたしました。既に販売している日本語版と同じ内容、同じ項目を測定でき、テスト結果帳票も日本語となっています。そのため人事担当者は、受検言語による結果の差を気にすることなく、日本人の採用時と同じ視点で結果を把握することが可能です。

 また、英語版・中国版の開発にあたり各言語300人ずつのサンプルを収集・集計いたしましたので、その結果についてお知らせいたします。

■日本人と比較した豪・米・加人や中国人の特性傾向
  ~「3E-hⅡ」の調査結果から~
  

○コミュニケーション力では「タレントマインド」や「対人感受性」が低めで、相手の意図や感情を慮ったり空気を読んだりということは、日本人ほどしない傾向にある。
○「人付き合いへのストレス耐性」が低めである。
○「自立」が高めのキャリア指向性を持ち、組織のルールに縛られず、自分のやり方で仕事を進める傾向が高い。
 
 加えて 
  ●中国人は、エネルギー量の「競争性」「野心性」が高い。
  ●豪・米・加人は、コミュニケーション力の「論理的表現力」が高い。

■日本人と比較した豪・米・加人や中国人の能力傾向
  ~「3E-i」の調査結果から~
  

○総合評価の平均点において言語間の大きな差はない。
○中国人は、「言語力」「言語応用力」といった言語系の得点が高い。
○豪・米・加人は、「基礎系」よりも「応用系」とされる能力が高い。

【調査概要】

 ■調査対象:年齢 29歳までの学生
          中国語(簡体字)版 上海の大学在学生
          英語版 アメリカ・カナダ・オーストラリア出身で母国語が英語の留学生
 ■調査期間:2011年2月9日~2011年3月31日
 ■調査人数:中国語版・英語版各300人

 


調査データ ダウンロード ⇒ 3E-hⅡ調査結果(pdf)


 
以上

エン・ジャパン株式会社   
広報担当:矢元  
TEL:03-3342-4506  FAX:03-3342-4507  
E-mail:en-press@en-japan.com