ニュース詳細

学生一人あたりのエントリー社数は、前年比38.9%減の42.4社
「母集団形成」に悩みを抱えている企業は、前年比約1.5倍増加
-2013年度新卒採用 就職・採用活動 1月度調査報告-

2012/02/01

 エン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、学生向け就職情報サイト『[en]学生の就職情報』(http://gakusei.enjapan.com/)は、2013年3月卒業予定の学生と求人企業を対象に、『2013年度新卒採用 就職・採用活動アンケート』を実施いたしましたので、以下、概要をご報告いたします。

【注目動向①>>現在の就職・採用活動の状況】

●<学生>現在の悩みは、「エントリーシート(19.6%)」「漠然とした不安や焦り(17.4%)」
 一人あたりのエントリー社数は前年比38.9%減の42.4社(図1)(図2)(図3)(図4)(図5)

⇒学生の現在の悩みは、「エントリーシート(19.6%)」、「漠然とした焦りや不安(17.4%)」が上位でした。悩みの理由としては、「エントリーシート」の志望動機が書けずに悩む学生が多いようです。行動量については、サイトオープンが2カ月後ろ倒しになったことにより、学生一人あたりの平均エントリー社数は42.4社で前年同時期と比べると38.9%減少しています。

【図1:現在の悩み<学生調査>】

 

engaku

【図2:エントリー社数<学生調査>】

engaku

【図3:エントリーシート提出社数<学生調査>】

engaku

【図4:企業セミナー予約社数<学生調査>】

engaku

【図5:企業セミナー参加社数<学生調査>】

engaku

●<企業>現在の悩みは、前月と変わらず「母集団形成(35.6%)」
約半数の企業が、「想定より母集団が少ない」と回答 (図6)(図7)(図8)(図9)

⇒企業の現在の悩みは、前月と変わらず「母集団形成(35.6%)」がトップでした。また、母集団形成について「想定より大幅に少ない」「想定より少ない」と回答した企業は49.3%となりました。前年(25.1%)に比べ、母集団形成に悩みを抱えている企業の割合が増えています。
【図6:現在の悩み <企業調査>】

engaku

【図7:エントリー受付開始率<企業調査>】

engaku

【図8:セミナー開始率<企業調査>】

engaku

【図9:母集団形成状況<前年比><企業調査>】

engaku
 

【注目動向②>>志望業界・情報提供の方法】

●文系は「金融」、理系男性は「機械・部品メーカー」、女性は「食品メーカー」を志望
(図10) (図11) (図12) (図13)

⇒文系の志望業界は、男女ともに「金融」がトップとなりました。男性は、前年度も 「金融」がトップでしたが、今年度はさらに志望者比率が3.9ポイント伸びており、人気の高さがうかがえます。女性は前年度1位だった「サービス(その他)」と首位が入れ替る結果となりました。理系男性は「機械・部品メーカー」が前年度と同様に首位でしたが5.4ポイント下がり、「食品メーカー」、「素材メーカー」がそれぞれポイントを伸ばしています。理系女性は前年度と変わらず「食品メーカー」への志望が高いようです。
【図10:志望業界(文系/男性)<学生調査>】

 

engaku

【図11:志望業界(文系/女性)<学生調査>】

engaku

【図12:志望業界(理系/男性)<学生調査>】

engaku

【図13:志望業界(理系/女性)<学生調査>】

engaku

●学生が「説明会に参加したい」と思った案内方法トップは「メールマガジン」
説明会予約を促進するための、企業の取り組みトップは「ブログの定期更新」(図14)(図15)

⇒エントリー企業からの案内または情報提供の中で、「説明会に参加したい」と思ったものは「メールマガジン(32.9%)」がトップでした。またエントリーした学生に対し、会社説明会予約を促進するための企業の取り組みとしては、「ブログの定期更新」、「メールマガジンの定期配信」などが上位となりました。
【図14:エントリー企業からの案内または情報提供の中で、「その企業の会社説明会に参加したい」と思ったもの<学生調査>】

engaku

【図15:エントリー者の会社説明会予約を促進するための取り組み<企業調査>】

engaku
 

【注目動向③>>職業観・人財観】

●学生の働くことに対して「ポジティブな印象(69.1%)」、「ネガティブな印象(21.0%)」
(図16) (図17)

⇒働く事に対しては、「ポジティブな印象」「どちらかといえばポジティブな印象」が69.1%となり、約7割の学生が働く事をポジティブにとらえているようです。ポジティブな印象の理由には「セミナーなどで多くの社会人に会うなかで、どの方も仕事を通して成長したとおっしゃっていたため」などがありました。
【図16:働く事に対する印象<学生調査>】

 

engaku

【図17:働く事に対する印象(影響を受けた相手別の比較)<学生調査>】

engaku

●新卒採用の選考で精神面の強さ弱さを確認する企業は、53.9%
(図18) (図19) (図20) (図21)

⇒新卒採用の選考時に精神面の強さ弱さ(ストレス耐性など)を確認している企業は、全体で53.9%でした。確認方法としては、「テスト(77.7%)」が最も多く、次いで「面接(17.3%)」となりました。一方で、確認のプロセスを導入していない理由としては「測定方法がわからない(27.7%)」「コストがかかる(21.5%)」などが並びました。
【図18:仕事や職場における従業員のメンタルヘルスの問題に対する関心度<企業調査>】

engaku

【図19:新卒採用における、精神面での強さ弱さ(ストレス耐性など)を確認するプロセスの導入有無<企業調査>】

engaku

【図20:「A.導入している」を選択〈精神面の強さ弱さ(ストレス耐性など)を確認する方法〉<企業調査>】

engaku

【図21:「B.導入していない」を選択〈導入していない理由〉<企業調査>】

engaku

 

 


プレスリリース ダウンロード ⇒ 『[en]学生の就職情報2013』 1月度月例調査結果


【調査概要/ その他の調査項目】
<学生調査>
対象: 「[en]学生の就職情報2013」に登録するモニター学生
期間:2012年1月6日~ 1月16日
方法:E-mailによるWEB投票画面の配信
有効回答数:1,462名

<企業調査>
対象:「[en]学生の就職情報パートナーズNEWS」登録企業
期間:2012年1月6日~ 1月16日
方法:E-mailによるWEB投票画面の配信
有効回答数:357件

【その他の調査項目】 ※下記の結果に興味のある方は、広報までお問合せください。
<学生調査>現在の志望業界/来月の活動内容/参加したい、もしくは悪い印象を持った案内の理由/働く事に対する印象の理由
<企業調査>エントリーシート実施状況/来月の活動内容/説明会予約の促進に向けた取組内容/精神面を確認する具体的方法
 
※一般財団法人 エン人財教育センター調べ

 

以上

エン・ジャパン株式会社
広報 矢元・大原
TEL:03-3342-4506 FAX:03-3342-4507 
E-mail:en-press@en-japan.com