ニュース詳細

結婚式で意識しているマナーは??
~『エン・ ウエディング』ユーザーアンケート結果~

2012/02/17

 エン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、結婚式場、プロデュース会社情報サイト「エン・ウエディング」(http://wedding.en-japan.com/)上でサイト利用者197名を対象に「結婚式でのマナー」について、アンケートを行いましたので以下概要をご報告します。


自分がゲストとして結婚式に招かれた時に意識しているマナー、
自分の結婚式の際にゲストに意識してほしいマナー、
どちらも「白一色のドレスは着ない」


 

自分がゲストとして結婚式に招かれた時に意識しているマナーと、
自分の結婚式の際にゲストに意識してほしいマナーは、
どちらも「白一色のドレスは着ない」

⇒自分がゲストとして結婚式に招かれた時に意識しているマナーは、「白一色のドレスは着ない(86%) 」が一番多い回答でした。多くの方が、花嫁とかぶらないよう意識をしているようです。
 また、自分の結婚式の際にゲストに意識してほしいマナーも、「白一色のドレスは着ない(65%)」が最も多い結果となりました。理由としては「ウエディングドレスと色がかぶるから」「白は花嫁の特権」「結婚式の日だけは、主役になりたい」などの意見がありました。

【Q1: ゲストとして結婚式に招かれた時、意識しているマナーは?】(複数回答可)
 

 

en-wedding

【Q2: 自分の結婚式の際、ゲストに意識してほしいマナーは? 】 (複数回答可)

en-wedding

 

ゲストとして招かれたときに困ることは、「会場が遠方の場合の参加」

⇒ゲストとして結婚式に招かれたときに困ること1位は、「会場が遠方の場合の参加(61%)」でした。次いで、 「余興や挨拶を頼まれた場合(46%)」、「衣装(46%)」が続きました。また、そのほかの回答としては、「1人で招かれたとき」「挙式まで3週間切った段階での招待」などがありました。

【Q3:ゲストとして結婚式に招かれた時、困るのはどんなこと?】(複数回答可)
 

 

en-wedding

 

自分の結婚式の際、ゲストのマナーに対する気持ちは、
「時代も変わっているので、ごく常識的な範囲のマナーさえあればいい」

⇒自分の結婚式の際、ゲストのマナーに対する気持ちとして一番あてはまるものは、半数以上の方が「時代も変わっているので、ごく常識的な範囲のマナーさえあればいい(53%)」と回答しました。結婚式では、「相手を思いやる気持ち」や「相手を不快にさせない気持ち」を持ちつつ、その時代に合った常識的なマナーを考える事が重要なようです。

【Q4:自分の結婚式の際、ゲストへの気持ちとして一番あてはまるものは? 】
 

 

en-wedding
 

 


プレスリリース ダウンロード ⇒ エン・ウエディング 1月度ユーザーアンケート


 

【調査概要/ その他の調査項目】
■調査方法:インターネットによるアンケート SA1問 MA4問
■調査対象: 「エン・ウエディング」利用者197名
■調査期間:2012年1月4日~2012年1月31日
■その他の調査項目:下記の結果に興味のある方は、広報までお問合せください。
・ゲストとして結婚式に招かれた時、他のゲストのマナーで気になったこと

 

以上

エン・ジャパン株式会社
広報 矢元・大原
TEL:03-3342-4506 FAX:03-3342-4507 
E-mail:en-press@en-japan.com