ニュース詳細

女性が長く働くために許容できること第1位は「残業」。許容できないこと第1位は「転勤」。ー「[en]ウィメンズワーク」ユーザーアンケート調査結果 ー

2013/11/26

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、正社員で働くことを希望する女性向け求人情報サイト「[en]ウィメンズワーク」( http://women.en-japan.com/ )上で、サイト利用者女性1180名を対象に「長く働くために許容できること・できないこと」についてアンケートを行いました。以下、概要をご報告いたします。

 

■調査結果概要

今回の調査で、転職を希望する女性1180名に「長く働くために許容できること」について聞いたところ、第1位は「残業」で69%。理由としては、“多少の残業は仕事をスムーズに進める上で時に必要”“残業代がきちんと支払われるなら”“ある程度の残業なら問題ない”という声がありました。

「長く仕事を続けるためでも、許容できないこと」についての第1位は「転勤」で68%。理由として、“環境の大きな変化はストレスになる”“家族がいるので、自分だけの都合で転勤はできない”などの声がありました。

 

■調査結果詳細

 

1.長く働くために許容できることの1位は「残業」。(図1)

 

「長く働くために許容できること」について聞いたところ、第1位は「残業」で69%。理由としては、“多少の残業は仕事をスムーズに進める上で時に必要”“残業代がきちんと支払われるなら”“ある程度の残業なら問題ない”という声がありました。

つづく第2位は「職種転換」で35%。“色んな仕事を経験して仕事の幅を広げたいから”“長い期間働くなら、あらゆる業務を経験しスキルを得たいから”などの理由が挙げられました。

 

【図1】長く仕事を続けるために、これらの中で、許容できることは何ですか?

20131126 womens1.jpg

 

2.長く働き続けるためでも許容できないことの1位は「転勤」。(図2)

 

「長く仕事を続けるためでも、許容できないこと」について聞いたところ、第1位は「転勤」で68%。理由として、“環境の大きな変化はストレスになる”“家族がいるので、自分だけの都合で転勤はできない”などの声がありました。転勤は引越を伴うことが多いため、合わせてライフスタイルも大きく変化。中でも、配偶者や子供を持つ既婚女性にとって、自分の意志だけでは決めきれないことも多く、いくら長く働き続けるためであっても許容できないと考えている方が多いことがうかがえます。

つづく第2位は「職種転換」で23%。理由には、“自分のやりたい仕事で入社を決めたから“”今まで勉強してきた専門分野で頑張りたい”という特徴がありました。「職種転換」は、許容できることの第2位にもランクイン。さまざまな仕事を経験することが今後につながるとする求職者がいる一方で、自分の強み・やりたい仕事を深堀することを重視する求職者も。それぞれの労働観の違いがうかがえます。

 

 

【図2】長く仕事を続けるためでも、これらの中で、許容できないことは何ですか?(複数回答可)

20131126 womens3.jpg

 

3.長く仕事を続けるために取り組みたいことは「周囲とのコミュニケーション」。(図3)

 

長く仕事を続けるために職場で積極的に取り組みたいことについて聞いたところ、「周囲とのコミュニケーション」が83%で第1位となりました。第2位以降の「仕事の正確さ」「任された仕事で成果を出すこと」「仕事の速さ」など、仕事そのものついての回答を抑えてトップになっており、多くの人が働く仲間との関係性を重視していることが分かりました。

 

【図3】長く仕事を続けるために、職場で積極的に取り組みたいことは何ですか?(複数回答可)

20131126 womens2.jpg

 

【調査概要】
■調査方法:インターネットによるアンケート
■調査対象:「[en]ウィメンズワーク」利用者 1180名
■調査期間:2013年9月26日~2013年10月25日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エン・ジャパン株式会社
広報担当:大原
TEL:03-3342-4506 FAX:03-3342-4507
E-mail:en-press@en-japan.com