ニュース詳細

紹介予定派遣を利用した正社員志向高まる
- エン・ジャパン、女性の派遣希望者5500人調査 -

2013/06/24

 人材総合サービス企業のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する全国の派遣情報集合サイト「[en]派遣のお仕事情報」( http://haken.en-japan.com/)上でサイト利用者5506名を対象にアンケート調査を行いましたので、以下概要をご報告します。

紹介予定派遣を利用した正社員志向高まる。

 2012年に実施したアンケート調査と比較すると、紹介予定派遣に期待している方のうち、「正社員になりたいから」と回答した人が8ポイント、「正社員で応募するよりも就業チャンスがある」と回答した人は16ポイント増加し、紹介予定派遣を利用した正社員志向の上昇がうかがえる結果となりました。背景には、「100社以上に応募したが採用されず、30歳を過ぎて“正社員の事務職”という条件で働くことは、とても難しいことなんだと肌で感じた」などのコメントにあるように、女性の継続就業意識の高まりに反して、自力就職・転職することの難しさがあります。

【Q1:紹介予定派遣に期待しているのはどのような点ですか?】
 

 

haken

 

紹介予定派遣の認知、サービス理解が高まるとともに、期待値はやや低下。

 紹介予定派遣を「知っている」と回答した人は、2012年に比べ10ポイント増加しました。「知らない」と回答した人は9ポイント減少し、紹介予定派遣の認知度は上がっています。
一方、紹介予定派遣に「期待していない」と回答した人も、前年に比べ3ポイント増加しました。理由として、「待遇がよくないから」が前年比6ポイント増加、「紹介予定派遣の派遣先企業があまりよくない」が前年比10ポイント増加となるなど、サービス理解が進んだことにより、期待値が下がっていることがうかがえます。

【Q2:紹介予定派遣を知っていますか?】
 

 

haken

【Q3:紹介予定派遣に期待していますか?】

haken

【Q4:(「期待していない」と回答された方)期待していないのはどのような点からですか?】

haken

 

紹介予定派遣の就業経験者の割合は増加しているものの、全体の10% 。

 紹介予定派遣の認知度が上がり、正社員への道としての期待が高まるものの、実際に紹介予定派遣の仕事に就業したことが「ある」と回答した人は10%にとどまりました。

【Q5:紹介予定派遣の仕事に就業したことはありますか?】
 

 

haken

 紹介予定派遣募集案件と、希望者のマッチングはまだ途についたばかりの状況です。
 エン・ジャパンでは、派遣情報集合サイト「[en]派遣のお仕事情報」や、正社員で働くことを希望する女性のためのサイト「[en]ウィメンズワーク」を通じて、紹介予定派遣の募集を行っている企業と、紹介予定派遣を利用して正社員を目指す女性ユーザーのマッチングを図ってまいります。

 


プレスリリース ダウンロード ⇒ 女性の派遣希望者調査「紹介予定派遣について」


【調査概要/ その他の調査項目】
■調査方法:インターネットによるアンケート
■調査対象: 「[en]派遣のお仕事情報」利用者
■調査期間:2013年4月25日~2013年5月29日
■その他の調査項目:下記の結果に興味のある方は、広報までお問合せください。
 ・(紹介予定派遣の仕事に就業したことがある方)その後直接雇用になったかどうか、また派遣期間中に重視したポイントや就業した感想を教えてください。

 

以上

エン・ジャパン株式会社
広報 矢元・大原
TEL:03-3342-4506 FAX:03-3342-4507
E-mail:en-press@en-japan.com