ニュース詳細

求人状況が以前より良くなっていると感じている方は、3年前の2倍。
ー「エンチャレンジ!はた☆らく」ユーザーアンケート集計結果ー

2014/10/28

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木  孝二)が運営する、アルバイト・派遣・正社員の求人情報をまとめて探せる求人サイトエンチャレンジ!はた☆らく」( http://hb.en-japan.com/上で、サイト利用者1,103名を対象に「求人状況」についてアンケートを行いました。以下、概要をご報告します。

 

■調査結果概要

有効求人倍率が上昇を続け、人手不足に悩む企業が増えている現在、アルバイト・派遣・正社員の求人情報を探している方に「求人状況」についてお聞きしました。最近の求人状況について、「以前より良くなっている」と回答された方は29%。この数字は、3年前の2倍以上になっています。また、「以前より厳しくなっている」と回答された方は19%で、こちらは3年前の47%から、大きく減少しました。求人状況が良くなったと感じる理由の第1位は「求人情報の件数が増えている」。このことによって、自分の希望に合った条件が選べるようになったというコメントが寄せられています。

 

■調査結果詳細

1:求人状況が「良くなっている」と感じている方は、3年前の2倍以上。(図1)

「最近の求人状況をどのように感じていますか?」と聞いたところ、「以前より良くなっている」と答えた方は29%。2011年の14%から2倍以上増加しました。逆に「以前より厳しくなっている」と回答された方は19%と、2011年の47%から大きく減少。「以前とあまり変わらない」という回答は51%と半数を占めているものの、求人状況が良くなっていると感じている方は増えているようです。

 

【図1】最近の求人状況をどのように感じていますか?

求人状況1.png

 

2:求人状況が良くなったと感じる理由は、「求人情報の件数が増えている」から。(図2)

求人状況が「以前より良くなっている」と回答された方に、「求人状況が良くなったと感じるのは、特にどんなところでしょうか?」と伺ったところ、73%と大半の方が「求人情報の件数の増加」と回答。

 

具体的には、『希望条件を入れて検索した際のヒットする件数が増えた』(26歳、女性) 『前は自分が探している求人があまりなかったのですが、今は興味のある仕事がたくさんあります』(27歳、女性) 『学生なので、なかなか社会人やフリーターのような平日5日間という条件では入れないのですが、単発や短期の求人がいつでも出ているので、とても選びやすいです』(22歳、女性)といったコメントが寄せられました。

 

その他、第2位は「勤務曜日・時間・契約期間など選択肢の大」(47%)、第3位は「時給や月給が上がっている」(35%)となりました。求職者の方にとって、好きな条件の仕事が選べて、待遇も上がっていることがうかがえます。

 

【図2】図1で「以前より良くなっている」と回答された方に伺います。

     求人状況が良くなったと感じるのは、特にどんなところでしょうか?(複数回答可)

求人状況2.png

 

3:求人状況が厳しくなったと感じる理由は、求職者に求められるレベルが上がっているから。(図2)

求人状況が「以前より厳しくなっている」と回答された方に、「求人状況が厳しくなったと感じるのは、特にどんなところでしょうか?」と質問しました。第1位は「選考に通過しづらい」(56%)、第2位は「求められる資格やスキルが厳しい」(46%)、第3位は「求人情報の件数の減少」(41%)となりました。

 

具体的には、『同じような内容の案件を見かけることがある。その場合、やはり選考に通過しづらいケースが多い』(26歳、女性)『面接に行っても会社側が求めているものが分からない』(24歳、女性)という声が上がりました。選択肢は広がっているものの、企業の合格基準が厳しかったり、その仕事に求められる要素が求職者には伝わっておらず、実際の就業には繋がっていないケースもあるようです。

 

【図3】図1で「以前より厳しくなっている」と回答された方に伺います。

     求人状況が厳しくなったと感じるのは、特にどんなところでしょうか?(複数回答可)

求人状況3.png

 

4:お仕事探しを上手に進める方法は、「複数のサイトに登録して求人情報をチェック」「こまめにサイトに訪問して求人情報をチェック」。(図4)

「お仕事探しを上手に進めるためにやっておきたいことは何ですか?」とお聞きしたところ、「複数のサイトに登録して求人情報をチェック」と「こまめにサイトに訪問して求人情報をチェック」の2つが同率の63%で第1位となりました。具体的なコメントを見ると、より自分に合ったお仕事を「選ぶ」ために、求人情報との接点を増やしている方が多く、この点からも求人状況改善の影響が見られます。具体的には、下記のようなコメントが寄せられています。

 

【複数のサイトに登録して求人情報をチェック】と回答した方

◎同じような仕事内容でも、優遇度合いが違うので、それを見比べるため。(19歳、男性)

◎それぞれのサイトで特徴が異なるため。(31歳、男性)

◎サイトや冊子、各会社によって載ってる求人が違うから。(24歳、女性)

 

【こまめにサイトに訪問して求人情報をチェック】と回答した方

◎こまめにチェックすることで、自分にあった求人を見つけやすくなるから。(19歳、女性)

◎求人は常に更新されるため。(25歳、男性)

◎いい条件のものはすぐなくなるので、こまめにチェックするのは大事。(29歳、女性)

 

【図4】お仕事探しを上手に進めるためにやっておきたいことは何ですか?(複数回答可)

求人状況4.png

 

【調査概要】

■調査方法:インターネットによるアンケート

■調査対象:「エンチャレンジ!はた☆らく」の利用者 1,103名(2014年)、2,699名(2011年)

■調査期間:2014年8月28日~ 2014年9月24日(2014年)、2011年9月30日~10月31日(2011年)

 

▼チャレンジ&再チャレンジをテーマに、アルバイト、派遣、正社員の求人情報をまとめて探せる求人サイト

エンチャレンジ!はた☆らく」 http://hb.en-japan.com/

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
▼プレスリリース ダウンロード 20141028_チャレ調査(求人状況).pdf

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

エン・ジャパン株式会社
広報担当:森本
TEL:03-3342-4506 FAX:03-3342-4507
E-mail:en-press@en-japan.com