ニュース詳細

女性のキャリア意識調査レポート2015
管理職を希望する女性は46%。既婚者が未婚者を上回る結果に。

2015/07/16

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する日本最大級の女性向け総合求人・転職支援サービス『エン転職 WOMAN』( http://employment.en-japan.com/woman/ )上で、20~40代の女性1,994名に「キャリア意識」について調査を行いました。

 

■調査結果概要

2020年までに女性管理職比率を30%へと政府が目標が掲げていますが、実態は2013年度で6.6%(厚生労働省 雇用均等基本調査より)とまだまだ遠い道のりであることが現状です。今回は『エン転職 WOMAN』を利用している20~40代女性に今後の「キャリア意識」について伺いました。以下、概要です。

 

管理職を希望する女性は46%。既婚者が未婚者を上回る結果に。希望理由のトップ3は「収入」「仕事のやりがい」「自己成長」。

8割の女性が仕事の幅を広げて、ずっと働き続けたいと回答。ずっと働き続けたい理由は「経済的に必要」「家庭以外の社会とのつながり」。

働き方は「子供の手が離れたら以前と同様に働きたい」がトップに。既婚者は2年前の調査よりも「働く」意欲が向上。

ライフスタイルの変化で周囲からサポートが得られそうと感じている女性は48%。20代は親に、30代40代はパートナーに期待しているものの、環境整備は道半ば。

 

■調査結果詳細

1:管理職を希望する女性は46%。既婚者が未婚者を上回る結果に。希望理由のトップ3は「収入」「仕事のやりがい」「自己成長」。(図1-a/b・図2-a/b・図3-a/b)

「管理職になりたいと考えていますか?」と伺ったところ、「管理職になりたい」(16%)「どちらかといえば管理職になりたい」(30%)が合わせて46%で、現状の女性管理職割合6.6%よりもかなり高い数値でした。特に既婚者は、管理職を希望する女性が51%と未婚者の44%を上回っています。「管理職になりたい」と回答した方に、理由を伺うと、第1位は「収入を増やしたい」(78%)、第2位は「仕事のやりがいを感じたい」(70%)、第3位は「自己成長したい」(54%)でした。「地位や肩書きが欲しい」という回答は14%に留まり、女性にとっての管理職は、ポジション以上に収入面や仕事のステージを上げたいという意向を反映しているようです。「管理職になりたくない」理由のトップ3は「家庭やプライベートを優先したい」(61%)「業務負担が重い」(47%)「プレッシャーなく働きたい」(44%)で、よく課題として挙げられる「ロールモデルがいない」は11%に留まりました。

 

【図1-a】あなたは、管理職になりたいと考えていますか?(年代別)

女性のキャリア意識1-a.png

【図1-b】あなたは、管理職になりたいと考えていますか?(未既婚別)

女性のキャリア意識1-b.png

【図2-a】「管理職になりたい」「どちらかといえば管理職になりたい」を選んだ方に質問です。なりたい理由をお選びください。(年代別、複数選択可)

女性のキャリア意識2-a.png

【図2-b】「管理職になりたい」「どちらかといえば管理職になりたい」を選んだ方に質問です。なりたい理由をお選びください。(未既婚別、複数選択可)

女性のキャリア意識2-b.png

【図3-a】「管理職になりたくない」「どちらかといえば管理職になりたくない」を選んだ方に質問です。なりたくない理由をお選びください。(年代別、複数選択可)

女性のキャリア意識3-a.png

【図3-b】「管理職になりたくない」「どちらかといえば管理職になりたくない」を選んだ方に質問です。なりたくない理由をお選びください。 (未既婚別、複数選択可)

女性のキャリア意識3-b.png

 

 

2:8割の女性が仕事の幅を広げて、ずっと働き続けたいと回答。ずっと働き続けたい理由は「経済的に必要」「家庭以外の社会とのつながり」。(図4-a/b・図5-a/b)

「結婚、出産、育児などライフスタイルの変化があっても、ずっと働き続けたいですか?」と質問をしたところ、76%の女性が「働き続けたい」と回答しました。年代が上がるとともに「働き続けたい」という割合は高く、また既婚者では88%が働き続けたいと考えているようです。働き続けたい理由は第1位が「経済的な自立の道は持っておきたい」(69%)、第2位「生活のために収入が必要」(64%)、第3位「社会とのつながりを感じたい」(61%)、第4位「家庭人以外の自分も持ちたい」(59%)でした。年代が上がると「仕事にやりがいをもっている」(20代:20%、30代:29%、40代:32%)「働くことで社会貢献をしたい」(同14%、24%、26%)と仕事そのものに価値を感じている項目のポイントが上昇しています。

 

【図4-a】結婚、出産、育児などライフスタイルの変化があっても、これから先もずっと働き続けたいとお考えですか?(年代別、複数回答可)

女性のキャリア意識4-a.png

【図4-b】結婚、出産、育児などライフスタイルの変化があっても、これから先もずっと働き続けたいとお考えですか?(未既婚別、複数回答可)

女性のキャリア意識4-b.png

【図5-a】「ずっと働きたい」理由について教えてください。(年代別、複数回答可)

女性のキャリア意識5-a.png

【図5-b】「ずっと働きたい」理由について教えてください。(未既婚別、複数回答可)

女性のキャリア意識5-b.png

 

3:ライフスタイルの変化に伴う働き方は「子供の手が離れたら以前と同様に働きたい」がトップに。既婚者は2年前の調査よりも「働く」意欲が向上。(図6-a/b・図7-a/b)

「結婚や出産などライフスタイルの変化とともに、働くことに対する意識は変化すると思いますか(変化しましたか)?」という質問に対して、「変化する」(48%)「変化するかもしれない」(45%)という回答が93%に上りました。ライフスタイルの変化を経験している既婚者は、78%が変化を実感しているようです。変化の内容を伺うと、もっとも多かったのは「結婚・出産後は少しペースを落として働くが、子供の手が離れたら以前と同様に働きたい」(50%)です。特に既婚者は「結婚・出産後は少しペースを落として働くが、子供の手が離れたら以前と同様に働きたい」という回答が、2013年の同調査での47%から56%と上昇しており、ライフイベントが落ち着いたら独身時代のように働きたいという意欲の向上が見られます。

 

【図6-a】結婚や出産などライフスタイルの変化とともに、働くことに対する意識は変化すると思いますか(変化しましたか)?(年代別)

女性のキャリア意識6-a.png

【図6-b】結婚や出産などライフスタイルの変化とともに、働くことに対する意識は変化すると思いますか(変化しましたか)?(未既婚別)

女性のキャリア意識6-b.png

【図7-a】 図6で「変化する(した)」「変化するかもしれない」と回答された方に伺います。それはどのような変化だと思いますか?(年代別、複数回答可)

女性のキャリア意識7-a.png

【図7-b】 図6で「変化する(した)」「変化するかもしれない」と回答された方に伺います。それはどのような変化だと思いますか?(未既婚別、複数回答可)

女性のキャリア意識7-b.png

 

 

4:ライフスタイルの変化があった際、サポートが得られそうと感じている女性は48%。20代は親に、30代40代はパートナーに期待しているものの、環境整備は道半ば。(図8-a/b・図9-a/b・図10-a/b)

「ライフスタイルの変化があった際、パートナーや両親からサポートを得られやすい環境ですか?」と伺うと、「はい」という回答は48%に留まり、8割の女性が働き続けたいと考えているものの、環境がまだまだ整っていないことを感じさせます。年代や未既婚別の傾向を見てみると、20代は「親の協力が得られる」という回答が42%、30代・40代は「パートナーの協力が得られる」がそれぞれ39%・37%で最多でした。既婚者でも「パートナーの協力が得られる」(58%)が圧倒的に多く、パートナーとの連携が肝になっているようです。「親御さんは、あなたの今後の働き方についてどのような希望をされていると思いますか?」という質問には、「家庭と仕事を両立してほしい」(39%)が最多で、「出産後は、育児に専念してほしい」(9%)や「結婚と共に、家庭に入ってほしい」(4%)は少数派であることが分かりました。

 

【図8-a】ライフスタイルの変化があった際、 パートナーや両親からサポートを得られやすい環境ですか?(年代別)

女性のキャリア意識8-a.png

【図8-b】ライフスタイルの変化があった際、パートナーや両親からサポートを得られやすい環境ですか? (未既婚別)

女性のキャリア意識8-b.png

【図9-a】図8 の選択理由について(予想も含めて)教えてください。(年代別、複数回答可)

女性のキャリア意識9-a.png
【図9-b】図8 の選択理由について(予想も含めて)教えてください。 (未既婚別、複数回答可)
女性のキャリア意識9-b.png

【図10-a】親御さんは、あなたの今後の働き方についてどのような希望をされてると思いますか?(年代別、複数回答可)

女性のキャリア意識10-a.png

【図10-b】親御さんは、あなたの今後の働き方についてどのような希望をされてると思いますか?(未既婚別、複数回答可)

女性のキャリア意識10-b.png

 

 

【調査概要】

■調査方法:インターネットによるアンケート

■調査対象:『エン転職 WOMANhttp://employment.en-japan.com/woman/ )』を利用している20~40代の女性 1,994名

■調査期間:2015年6月3日 ~ 6月8日

 

 

エン転職』 http://employment.en-japan.com/

1995年7月から運営を開始。入社後の活躍に向けて、求人情報へのクチコミ併記、取材者の顔出しコメントなどリアルな情報にこだわり、日本最大級の407万人の会員(2015年3月時点)にサービスを提供しています。

 

エン転職 WOMAN』 http://employment.en-japan.com/woman/ 

エン転職』に掲載されている求人案件から、女性が活躍できる、女性に人気がある、女性が働きやすい転職・求人情報をピックアップしてご紹介しています。

 

 

エン・ジャパンは、今後も女性が活躍し続けられる社会を目指して、サービスを提供してまいります。
 
 

▼プレスリリース ダウンロード 20150716_エン転職WOMAN(女性のキャリア意識).pdf


 

 

エン・ジャパン株式会社
広報担当:森本、大原
TEL:03-3342-4506 FAX:03-3342-4507
E-mail:en-press@en-japan.com