ニュース詳細

派遣社員1,800名に聞いた「年下社員との接し方」。
6割の方が悩んでいた。その理由は?
ー『エン派遣』ユーザーアンケート集計結果ー

2016/06/16

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する日本最大級の派遣のお仕事まとめサイト『エン派遣』( https://haken.en-japan.com/ )上で、30歳以上のサイト利用者を対象に「年下社員との接し方」についてアンケート調査を行ない、1,806名から回答を得ました。以下、概要をご報告します。

 

 

■調査結果 概要

★ 年下社員との接し方で悩んだことがある派遣社員は6割。

 派遣社員が年下社員と接する上での悩みは「ジェネレーションギャップ」と「叱ること」 。

★ 年下社員とうまく付き合うコツは「良いところを褒める」。

 

 

■調査結果詳細

1:年下社員との接し方で悩んだことがある派遣社員は6割。(図1)

日本人材派遣協会の調査によると、派遣で働く方の平均年齢は38.1歳。派遣社員の方に職場で指揮命令をするポジションを担う正社員が年下という状況は、よく発生しています。そこで「職場の年下社員との接し方で悩んだことはありますか?」と30歳以上で派遣の仕事を探している方々に伺ったところ、6割の方が「ある」と回答しました。

 

【図1】職場の年下社員との接し方で悩んだことはありますか?

201606_年下社員1.png

 

 

2:派遣社員が年下社員と接する上での悩みは「ジェネレーションギャップ」「叱ること」 。(図2)

年下社員と接する上での具体的な悩みは、第1位が「ジェネレーションギャップを感じる」(46%)、第2位が「叱るのが苦手」(42%)、第3位が「何を話していいかわからない」(31%)でした。年代別に見ると、30代の方は「叱るのが苦手」(49%、40代以上:39%)と回答した方が半数を占め、40代以上では「ジェネレーションギャップを感じる」(50%、30代:37%)が半数を占めました。

 

【図2】年下社員との接し方で悩んだことがある方に伺います。年下社員と接する上で、具体的にどんな悩みがありますか?(複数回答可)

201606_年下社員2.png

 

「叱るのが苦手」と回答した30代の方

○年下社員のプライドが高く、面倒くさいことはやらない社員だったので、こちらにまで仕事がふりかかってきた。その時は私の頑張りを見てくれていた先輩社員が年下社員に一喝してくれた。(33歳女性)

○年下社員の欠けているところをフォローし、後でそれとなくこういうことがありましたよ…と伝えても、私のミスだと思われてしまうことがあります。(36歳女性)

○自分の方が立場は下でも経験は豊富なことが多く、年下社員の判断が明らかに間違っていることもあるが、指摘できない。(39歳女性)

 

「ジェネレーションギャップを感じる」と回答した40代以上の

○業務中でも、平気で携帯をいじったり、お菓子を食べ出したりする事を全く悪いと思っていないので、注意をしても改善されなかった。(40歳女性)

○例えば先輩をあだ名で呼ぶなど、距離が近くてこちらが戸惑う。(42歳女性)

○とにかくストレスが溜まります。人生経験も社会人経験も私のほうが長いのに、10年専業主婦をやってしまったため、いざ社会復帰したら周りはほとんど年下。(44歳女性)

○会社先封筒の宛名書きや飲み会のタクシー代を請求など、年下社員さんの知らない事があり、それを説明して理解してもらうのに困りました。(50歳女性)

○入社10日目の新卒の社員に、内線番号を調べてもらえますか?と頼まれた。派遣社員は何でも使えという社風に納得できないが、新入社員個人の姿勢にも疑問を持った。(50歳女性)

 

 

 

3:年下社員とうまく付き合うコツは「良いところを褒める」。(図3)

年下社員とうまく付き合うコツを伺うと、65%ともっとも多くの方が「良いところを褒める」と回答しました。第2位以下は「プライベートにはあまり踏み込まない」(38%)、 「業務の効率的な進め方を教える」(38%)、 「優しく接する」(36%)が続きます。

 

年代別での差異は見受けられず、「まずは信頼関係を作るために、良い評価を伝える」という声が多く見られました。また年下社員に対して敬語の徹底を意識しているという声もありました。

 

【図3】年下社員とうまく付き合うコツとその理由を教えてください。(複数回答可)

201606_年下社員3.png

 

年下社員と接する上で、うまくいったエピソード

○情報も自分への評価もマイナス面よりプラス面を好む人が多く、それを評価してくれる人を信頼するという傾向が強い。信頼されればマイナス面も無理なく受け入れてくれるからつきあいやすくなる。(41歳女性)

○年下社員の母親と同じ年齢層なので、母親のように誉めたり叱ったりしています。Excel技など、知らないことは教え、悩みは聞くなど年上でも怖くない印象を作るようにしています。(44歳女性)

○あくまで先輩というスタンスで接してわからないことを教えていただくようにどこに行っても心掛けています。そうすると自然と仲良くなれスムーズに職場環境が作れるようになることが多いです。(48歳女性)

○叱られ慣れていない人も多く見受けられ、叱ると私は悪くない。パワハラ。となることもあるので、良いところを褒めた上で、指摘するようにしている。(49歳女性)

○年下であっても相手は社員さんであり、指示をする人なので、私のことを使いやすいように相手を尊重する姿勢と明るい雰囲気を常に示すように心がけています。(52歳女性)

 

 

 

【調査概要】

■調査方法:インターネットによるアンケート

■調査対象:『エン派遣http://haken.en-japan.com/ )』を利用している30歳以上のユーザー

■有効回答数:1,806名

■調査期間:2016年4月21日~5月25日

 

 

▼日本最大級!派遣のお仕事まとめサイト

エン派遣』 https://haken.en-japan.com/

201510エン派遣トップ.png

派遣で仕事を探す求職者と、全国の優良人材派遣会社を結ぶ、日本最大級の派遣のお仕事まとめサイトです。派遣で働く方のさまざまなニーズや条件と、派遣会社の持つ仕事情報のマッチングを重視したサイト設計となっており、どの情報も埋もれることなく、派遣ユーザーの希望条件にヒットさせます。

 

 

▼プレスリリース ダウンロード 20160616_派遣調査(年下社員).pdf


 

エン・ジャパン株式会社
広報担当:森本、大原
TEL:03-3342-4506 FAX:03-3342-4507
E-mail:en-press@en-japan.com