ニュース詳細

派遣社員が1日の中でもっとも減らしたいのは「通勤時間」、
増やしたいのは「趣味」「睡眠」時間。時間を生み出す方法は?
ー『エン派遣』ユーザーアンケート集計結果ー

2016/08/26

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する日本最大級の派遣のお仕事まとめサイト『エン派遣』( https://haken.en-japan.com/ )上で、サイト利用者に「1日の時間の使い方」のアンケート調査を行ない、258名から回答を得ました。以下、概要をご報告します。

 

■調査結果 概要

1日の中で、もっと減らしたい時間は「通勤」「勤務」「家事」。

1日の中で、もっと増やしたい時間は「趣味」「睡眠」。

 

■調査結果詳細

1:1日の中で、もっと減らしたい時間は「通勤」「勤務」「家事」。(図1)

派遣社員の方に「1日の時間の内、もっと減らしたいと思っている時間を教えてください」と伺うと、第1位「通勤時間」(41%)、第2位「勤務時間」(27%)、第3位「家事の時間」(21%)でした。

 

通勤時間については、『人生の無駄な時間』(23歳男性)『通勤には、あまり時間をかけないで、その分を残業等に費やしたいから』(32歳女性)というコメントがありました。勤務時間を選んだ方からは『できれば仕事の時間を減らしてプライベートを充実させたい』(24歳女性)という声が多数見られます。家事の時間を選んだ方からは『もう少し、大雑把な性格になれば家事時間は減るはず』(27歳女性)『料理関係に時間が掛かっているから、うまくこなせれば時短にはなる。』(43歳女性)などの期待が挙がりました。

 

仕事や家事、それぞれ効率化の秘訣も伺っています。

 

大手企業や官公庁を中心に朝型勤務導入が増えていますが、『残業をするなら朝活、夜は定時で退社…夜に残業するときりがないから。朝は人も少なく、集中できる』(34歳女性)『朝は出来るだけ早めに出勤して、電話の鳴らない時間帯に片付けられる仕事を片付けてしまう』(51歳女性)という声が多く挙がりました。『何時までにココまでは必ず終わらせるとか、何をするか目的目標を決める』(43歳女性)という意識の大切さを訴える声も見受けられます。

 

家事の効率化は『料理は週末にまとめて作り置き』『電子レンジと同時進行で調理』『掃除場所は曜日によって分ける』『こまめに片付ける』などのアイデアが挙がっています。

 

【図1】1日の時間の内、もっと減らしたいと思っている時間を教えてください。(複数回答可)

201608_派遣(1日の時間).png

 

 

2:1日の中で、もっと増やしたい時間は「趣味」「睡眠」。(図2)

「1日の時間の内、もっと増やしたいと思っている時間を教えてください」という質問をすると、第1位「趣味の時間」(52%)、第2位「睡眠時間」(41%)という結果になりました。

 

『なかなか自分で使える時間がないのが現実なので、必然的に子供達が寝た後、趣味、勉強、仕事探しの時間になる。そうすると今度は睡眠時間が短くなり、日中も眠気に襲われ家事が進まなかったり…』(26歳女性)、『自分の好きなことを誰にも邪魔されずゆっくりしていたいので』(52歳女性)、『睡眠時間が短いと他の時間に集中できず、はかどらなくなってしまうため』(32歳女性)などの理由が背景にあるようです。

 

【図2】1日の時間の内、もっと増やしたいと思っている時間を教えてください。(複数回答可)

201608_派遣2(1日の時間).png

 

 

【調査概要】

■調査方法:インターネットによるアンケート

■調査対象:『エン派遣https://haken.en-japan.com/ )』を利用しているユーザー

■有効回答数:258名

■調査期間:2016年6月23日~7月20日

 

 

 

 

▼日本最大級!派遣のお仕事まとめサイト

エン派遣』 https://haken.en-japan.com/

201608_エン派遣TOP.png

派遣で仕事を探す求職者と、全国の優良人材派遣会社を結ぶ、日本最大級の派遣のお仕事まとめサイトです。派遣で働く方のさまざまなニーズや条件と、派遣会社の持つ仕事情報のマッチングを重視したサイト設計となっており、どの情報も埋もれることなく、派遣ユーザーの希望条件にヒットさせます。

 

 

▼プレスリリース ダウンロード 20160826_派遣調査(1日の時間の使い方).pdf


 

エン・ジャパン株式会社
広報担当:森本、大原
TEL:03-3342-4506 FAX:03-3342-4507
E-mail:en-press@en-japan.com