ニュース詳細

退職可能性の高い社員を察知して、適切なフォローを支援。 社員の離職リスク可視化ツール「 HR OnBoard 」 のサービス提供を開始。

2017/12/08

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)は、12月8日より社員の離職リスク可視化ツール「HR OnBoard(オンボード)」のサービス提供を開始いたしました。入社後活躍を支援するサービス提供をますます強化してまいります。以下、概要をご報告します。

 

HR OnBoard

「HR OnBoard」を通じて、入社1年以内の社員が離職する兆候を可視化。具体的な対策をアドバイスします。毎月3問ずつ、1年間にわたって新卒・中途採用で入社した社員へ質問を送信。社員が月ごとのコンディションをオリジナルスタンプで回答することで、企業は「晴れ・曇・雨」で社員ごとに状況を把握することが可能になりました。離職リスクの早期発見、フォロー実施までつなげます。

1:離職リスク察知に最適な質問で社員の状況を分析

3,000社以上の中途社員・新入社員における「退職予兆」のビックデータを分析し、アンケート設問を考案。設問内容は、入社からの経過月ごとに最適なものが提示されます。入社者が回答しやすい選択式の3問に厳選。月1回の定点観測を行なうことで、離職リスクの早期発見を図ります。

設問例
社員や職場の雰囲気は入社前のイメージと比べていかがですか?
前職とは違う社内ルールや仕事の進め方には慣れましたか?
仕事の相談や報告をする時に直属の上司は話しやすかったですか?


※アンケート回答画面

 

 

2:直感的に状況把握できるUIを採用

HR OnBoard を管理する担当者のタスクは、「入社者の名前」「入社日」といった基本情報を専用管理画面に入力するだけ。あとは適切なタイミングで対象者へアンケートが自動送信されます。社員ごとのコンディション、入社者フォローの実施内容、タイミングも管理画面上で瞬時に把握。業務工数を削減し、本来重要な対面でのフォローに割ける時間を生み出します。


※企業の専用管理画面 ダッシュボードイメージ

 


※入社者一覧画面イメージ

 

 

3:離職可能性が高い社員への適切なフォローをアドバイス

離職リスクを可視化するだけでなく、HR OnBoard が結果を分析。入社者のコンディション変化に応じた推奨アクションを管理画面上で解説します。離職可能性が高い社員へ適切な打ち手を促し、離職防止をサポートします。

 

サービス概要 「HR OnBoardhttps;//on-board.io )」
利用料金:入社者3名分まで無料、4名以降は1名につき年間1万円
対応環境:IE 11、edge、Chrome、Safari(10以上)
対象社員:入社1年目以内の新卒・中途入社者

 

 

HR OnBoard 開発背景


エン・ジャパン株式会社 執行役員
デジタルプロダクト開発本部長 寺田輝之

人材採用と入社後の活躍を支援するエン・ジャパンは、「 HR OnBoard 」を通じて社員の定着率向上の支援を強化します。生産年齢人口が減少する日本では人手不足が深刻化。苦労して採用ができた社員が早期離職をしてしまうと、また採用をしなければならない悪循環が発生してしまいます。

そのためには業務負担を増やさずに、採用した社員の離職リスクを把握するツールが必要ではないかと考えました。試験的に「 HR OnBoard 」の仕組みでフォローを実施した企業112社では、平均離職率が13.6%から5.3%に改善。早めに兆候を察して、適切な対策を講じることの重要性を実感しました。

適切な対策が分からないという企業の声も受けて、社員教育や入社後のフォローを行なってきたエン・ジャパンのノウハウを活かし、時期別・コンディション別のフォロー内容を解説する機能も搭載しました。「 HR OnBoard 」を通じて、社員と企業の架け橋となり採用した社員の定着率向上を支援していきます。

 

 

▼プレスリリース ダウンロード 20171208_HR-OnBoard

エン・ジャパン株式会社
広報担当:森本、松田
TEL:03-3342-6590 FAX:03-3342-4507
E-mail:en-press@en-japan.com