ニュース詳細

ミドルの求人動向調査「2018年は35歳以上のミドル求人が増える」と回答した転職コンサルタントは85%と、2年連続で増加。―『ミドルの転職』ユーザーアンケート集計結果―

2018/01/29

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営するミドル層専用の転職求人サイト『ミドルの転職』( https://mid-tenshoku.com/ )上で、サイトを利用している転職コンサルタントを対象に「ミドルの求人動向」についてアンケートを行ない、135名から回答を得ました。以下、概要をご報告します。

 

調査結果 概要

★ 2018年は35歳以上のミドルを対象とした求人募集が増える」と回答した転職コンサルタントは85%と、2年連続で増加。昨年より7ポイントアップ

★ 増えると予想されるミドルを対象とした求人トレンドは「大手企業から中小企業へ」、「中堅・中小企業」、「メーカー」、「営業・マーケティング系」。

 

調査結果 詳細

1:「2018年は35歳以上のミドルを対象とした求人募集が増える」と回答した転職コンサルタントは85%と、2年連続で増加。昨年より7ポイントアップ。

ミドルを対象とした求人募集の変化について伺ったところ、転職コンサルタントの85%が「増加する」と回答しました。2016年の同調査から2年連続で増加、昨年と比べると7ポイントアップしました。「増加する」と回答した転職コンサルタントからは「企業側が早期の結果を求めており、数字構築や現場で対応できるプレイングマネージャーのような方の採用を求めている」、「60歳/65歳の定年制を取り払い、正社員から契約社員に身分を分け、長期に働けるケースが増えている」、「日本国内で調達できないグローバル若手層を補うために、海外経験者ミドルを採用する傾向がある」といった声が寄せられました。

1】2018年は35才以上のミドルを対象とした求人募集は、 どのように変化するとお考えでしょうか。

 

 

2増えると予想されるミドルを対象とした求人トレンドは大手企業から中小企業へ」、 中堅・中小企業」、「メーカー」、「営業・マーケティング系」。(図28

ミドルを対象とした求人のトレンドについて伺うと、73%の転職コンサルタントが「『大手企業』から『中小企業』への転職」が増えそうだと回答。大手企業の衰退、ベンチャーや新興企業の台頭を背景に増加するのではという声がありました。企業タイプでは「中堅・中小企業」(84%)、業種では「メーカー」(53%)、職種では「営業・マーケティング系」(48%)がそれぞれ最多となっています。その他、役職や年収のトレンド、採用企業がミドルに求めるスキルについても伺っています。

 

2】ミドルを対象とした求人募集のトレンドとして、今後増えそうなものは何ですか? 複数回答可

 

3】ミドルを対象とした求人募集が増えると⾒込まれる「企業タイプ」を教えてください。 ※複数回答可

 

4ミドルを対象とした求人募集が増えると⾒込まれる「業種」を教えてください。 複数回答可

 

5】ミドルを対象とした求人募集が増えると見込まれる「職種」を教えてください。 複数回答可

 

6】ミドルを対象とした求人募集が増えると⾒込まれる「役職」を教えてください。  複数回答可

 

7】ミドルを対象とした求人募集が増えると⾒込まれる「年収」を教えてください。 複数回答可

 

8】ミドルの転職者に対して「採用企業が求めるスキル」の上位3つを教えてください。

 

【調査概要】
■調査方法:インターネットによるアンケート
■調査対象:『ミドルの転職』( https://mid-tenshoku.com/ )を利用する転職コンサルタント
■有効回答数:135名
■調査期間: 2017年12月19日 ~ 12月25日

 

ミドル層専用の転職求人サイト ミドルの転職』 https://mid-tenshoku.com/

経験やテクニカルスキルに加え、よりヒューマンスキルを重視したマッチングが求められる30代・40代の転職を、国内最大級5万件以上のミドル向け求人と、オンラインビデオ面談機能などを搭載した機能的な管理画面でサポートします。 転職活動自体の生産性を向上させることで、心的・物理的な負荷を軽減。再就職の決定までに時間がかかりがちなミドル層の転職を、より円滑なものとなるよう支援します。

 

▼プレスリリース ダウンロード  20180129_ミドル(求人動向)

エン・ジャパン株式会社
広報担当:森本、松田
TEL:03-3342-6590 FAX:03-3342-4507
E-mail:en-press@en-japan.com