ニュース詳細

女性が長く働ける職場環境の特徴は、
充実した制度整備よりも、周囲の理解があること。
―『エンウィメンズワーク』ユーザーアンケート― 「家計」「社会とのつながり」「経済的自立」を求めて働き続ける方が多数。

2019/02/12

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、正社員勤務を希望する女性向け求人情報サイト『エンウィメンズワーク』(https://women.en-japan.com/)上で、「結婚・出産後の仕事」をテーマにアンケートを実施、女性575名から回答を得ました。以下、結果をご報告いたします。

 

調査結果 概要

★ 9割の女性が「結婚・出産後も働きたい」と回答。

★ 結婚・出産後も働く理由は「家計」「社会とのつながり」「経済的自立」。一方、働き続ける上での課題は「条件に合う仕事」「時間の制約」。

★ 女性が長く働ける職場環境の特徴は、充実した制度整備よりも、周囲の理解があること。

 

調査結果 詳細

1:9割の女性が「結婚・出産後も働きたい」と回答。(図1)

結婚・出産後と仕事について、どのような希望を持っているか伺ったところ、87%が「結婚・出産後も働く(結婚・出産後は少しペースを落として働くが、子供の手が離れたら以前と同様に働く:31%、結婚・出産後は少しペースを落として働く:24%、結婚・出産に関わらず今と変わらず働く:10%、結婚・出産を機に一度仕事を辞めるが、子供の手が離れたらまた働く:22%)」と回答しました。

子供がいる方は「結婚・出産後は少しペースを落として働くが、子供の手が離れたら以前と同様に働く」(40%)が目立ちました。出産・子育てを経ても、変わらず働きたいと考える女性が多いようです。

 

【図1】結婚・出産と仕事についてどのような希望をお持ちですか?

 

 

2:結婚・出産後も働く理由は「家計」「社会とのつながり」「経済的自立」。一方、働き続ける上での課題は「条件に合う仕事」「時間の制約」。(図23

「結婚・出産後も働く」と回答した方に理由を伺うと、トップ3は「家計的にも働ける間は働いておきたい」(62%)、「社会とのつながりを持ちたい」(54%)、「経済的な自立の道を持ちたい」(49%)でした。子供ありの方は、子供なしの方に比べ、「家庭人以外の自分も持ちたい」(46%)が目立ちました。

一方で働き続ける上での課題としては「働ける条件に合う仕事」(78%)、「時間の制約」(75%)が挙げられました。

 

図2】「結婚・出産後も働く」と回答した方に伺います。その理由を教えてください。(複数回答可)

 

図3「結婚・出産後も働く」と回答した方に伺います。働き続ける上で課題となることは何ですか?(複数回答可)

 

 

3:女性が長く働ける職場環境の特徴は、充実した制度整備よりも、周囲の理解があること。(図4

「結婚・出産後も働く」と回答した方に、「女性が長く働けると感じるのは、どのような職場環境だと思いますか?」と伺うと、トップ3は「職場(上司・同僚)の理解がある」(88%)、「待遇・福利厚生が充実している」(77%)、「多様な働き方を実現する制度がある」(71%)でした。女性に長く働いてもらうには、制度を整えるよりも、自分の状況を理解してもらえる環境が大事と言えます。

 

図4「結婚・出産後も働く」と回答した方に伺います。女性が長く働けると感じるのは、どのような職場環境だと思いますか?(複数回答可)

 

調査概要
■調査方法:インターネットによるアンケート
■調査対象:「エンウィメンズワーク」 ( https://women.en-japan.com/ )を利用するユーザー
■有効回答数:女性575名
■調査期間:2018年12月13日~2019年1月16日

 

正社員を目指す女性のためのお仕事探しサイト『エンウィメンズワーク』https://women.en-japan.com/

正社員として働くことを希望する女性のために、「正社員」または「正社員登用あり」の求人情報のみを掲載。なかでも求職者が見つけにくい「オフィスワーク系職種」の求人情報を多数掲載し、探しやすく、わかりやすく紹介するサイトです。

▼プレスリリース ダウンロード 20190212_ウィメン(結婚・出産後と仕事)

エン・ジャパン株式会社
広報担当:大原、松田、清水
TEL:03-3342-6590 FAX:03-3342-4507
E-mail:en-press@en-japan.com