ニュース詳細

1万人が回答!「転勤」に関する意識調査
―『エン転職』ユーザーアンケート―
6割が「転勤は退職のキッカケになる」と回答。
転勤拒否の理由、20代は「新天地への不安」、30代は「子育て」、40代は「介護」。
転勤により、人脈形成やスキルアップへの好影響があった方も多数。

2019/10/24

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する日本最大級の総合転職支援サービス『エン転職』( https://employment.en-japan.com/ )上で、ユーザーを対象に「転勤」についてアンケートを実施し、10,539名から回答を得ました。以下、概要をご報告します。

 

調査結果 概要

★ 6割が「転勤は退職のキッカケになる」と回答。

★ 転勤辞令への対応、6割が承諾意向。「家賃補助」「昇進・昇給」「期間限定」の条件付きなら前向きな方が多数。

★ 転勤拒否の理由、20代は「新天地に慣れる大変さ」、30代は「子育てへの影響」、40代は「親の介護への影響」。

★ 転勤してよかったことトップ3、「人間関係の広がり」「自身の能力向上」「業務範囲の拡大」。

 

 

調査結果 詳細

16割が「転勤は退職のキッカケになる」と回答。(図1~図4

「転勤は退職を考えるキッカケになりますか?」と伺ったところ、64%が「なる」(なる:31%、ややなる:33%)と回答しました。年代別にみると、若手になるにつれ影響度が大きいようです。男女別にみると、男性より女性がキッカケになることが分かりました。

「これまでに、転勤を理由に退職したことはありますか?」と伺うと、「退職したことがある」は5%に留まりました。年代が上がるにつれ、退職割合が高まっています。男女別では、女性よりも男性が退職経験が多いようです。実際に退職した方の具体的なエピソードも紹介します。

 

1】転勤は退職を考えるキッカケになりますか?(年代別)

 

2】転勤は退職を考えるキッカケになりますか?(男女別)

 

3】これまでに、転勤を理由に退職したことはありますか?(年代別)

 

4】これまでに、転勤を理由に退職したことはありますか?(男女別)

 

転勤を理由に退職した方のエピソード

・転勤なしで入社したにもかかわらず、入社後2週間で転勤になったため。(25歳男性)

・母の体調が悪く、自宅から通える範囲からは離れたくなかった。今後も転勤話は出るため。(30歳女性)

・全国転勤有の仕事で、結婚予定があり地域限定職への変更を申し出。反対され、退職に。(31歳女性)

・地元が被災直後に遠方へ転勤を言い渡され、地震の対応半ばに転勤。納得できずに結局退職しました。(32歳男性)

・関西から関東への転勤。新築直後、妻も体調が悪かった。聞き入れてはもらえず退職。(42歳男性)

・海外転勤を依頼されたが、父がガンで闘病しており、1年保たないため少し待ってほしいと言ったが、有無を言わさず辞令が出た。(45歳男性)

 

 

2:転勤辞令への対応、6割が承諾意向。「家賃補助」「昇進・昇給」「期間限定」の条件付きなら前向きな方が多数。(図5~図8

今後、転勤辞令が出た場合の対処法を伺ったところ、63%が「承諾する」(承諾する:13%、条件付きで承諾する:50%)と回答しました。男女別にみると、女性より男性が承諾する割合は高いようです。

「条件付きで承諾する」と回答した方に、承諾条件を伺ったところ、トップ3は「家賃補助が出る」(73%)、「昇進・昇給がある」(56%)、「転勤期間が決まっている」(55%)でした。年代別で10ポイント以上差が出たのは「転勤先を選択できる」(20代:38%、30代:35%、40代以上:28%)、男女別で10ポイント以上差が出たのは「単身赴任手当がある」(男性:52%、女性:41%)、「やりたい仕事ができる」 (同:31%、42%)、 「転勤先を選択できる」 (同:27%、42%)でした。

 

5】今後、転勤の辞令が出た場合、どう対処しますか?(年代別)

 

6】今後、転勤の辞令が出た場合、どう対処しますか?(男女別)

 

7】「条件付きで承諾する」と回答した方にお聞きします。具体的な条件を教えてください。(複数回答可・年代別)

 

8】「条件付きで承諾する」と回答した方にお聞きします。具体的な条件を教えてください。(複数回答可・男女別)

 

 

3:転勤拒否の理由、20代は「新天地に慣れる大変さ」、30代は「子育てへの影響」、40代は「親の介護への影響」。(図9、図10

「条件に関係なく転勤を拒否する」と回答した方に、理由を伺うと、トップ3は「配偶者も仕事をしているから」(34%)、「子育てがしづらいから」(34%)、「親の世話・介護がしづらいから」(33%)でした。年代別にみると、20代は「新しい土地に慣れることが大変だから」(40%)、30代は「子育てがしづらいから」(46%)、40代以上は「親の世話・介護がしづらいから」(41%)がそれぞれ最多でした。年代が上がるにあたり、子育てや親の介護など家庭環境も大いに影響するようです。男女別で結果をみたところ、男性は「親の世話・介護がしづらいから」(40%)、女性は「子育てがしづらいから」(37%)がそれぞれ最多でした。

 

9】「条件に関係なく拒否する」と回答された方にお聞きします。その理由を教えてください。(複数回答可・年代別)

 

10】「条件に関係なく拒否する」と回答された方にお聞きします。その理由を教えてください。(複数回答可・男女別)

 

 

4:転勤してよかったことトップ3、「人間関係の広がり」「自身の能力向上」「業務範囲の拡大」。11~図14

過去の転勤有無を聞くと、26%が「転勤したことがある」と回答しました。年代別では、20代16%、30代25%、40代36%、男女別では、転勤経験のある方は、男性37%、女性15%でした。

転勤経験がある方に、転勤してよかったことを伺ったところ、トップ3は「人間関係が広がった」(55%)、「自身の能力が向上した」(39%)、「業務範囲が広がった」(37%)でした。年代別で5ポイント以上差が出たのは、「人間関係が広がった」(20代:56%、30代:59%、40代以上:54%)、「昇進・昇給した」(同:19%、23%、24%)、男女別で5ポイント以上差が出たのは「人間関係が広がった」(男性:54%、女性:60%)でした。

 

11】これまでに「転勤」をしたことはありますか?(年代別)

 

12】これまでに「転勤」をしたことはありますか?(男女別)

 

13】「転勤したことがある」と回答された方にお聞きします。転勤してみて、良かったことですか?(複数回答可・年代別)

 

14】「転勤したことがある」と回答された方にお聞きします。転勤してみて、良かったことですか?(複数回答可・男女別)

 

調査概要
■調査方法:インターネットによるアンケート
■調査期間:2019年8月28日 ~ 9月25日
■調査対象:『エン転職』( https://employment.en-japan.com/ )を利用するユーザー
■有効回答数:10,539名

 

総合満足度No.1 日本最大級の総合転職支援サービスエン転職』   https://employment.en-japan.com/ 

会員数750万人超。日本最大級の総合転職支援サービスです。求人企業1社1社をエンの担当者が訪問し、会社や仕事の魅力を徹底取材。取材記事に加え、現社員や元社員のクチコミ、企業担当者のコメントなど、多面的な情報提供により、ミスマッチのない転職を支援します。

▼プレスリリース ダウンロード  20191024_エン転職(転勤)

エン・ジャパン株式会社
広報担当:大原、松田、清水、西春
TEL:03-3342-6590 FAX:03-3342-4683
E-mail:en-press@en-japan.com