ニュース詳細

動画面接ツール『Video Interview』、
自治体特別プランの提供を開始。
ー「新しい生活様式」に合わせた、自治体のオンライン面接実施をサポートー

2020/08/18

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する動画面接ツール『Video Interview』( https://videointerview.jp/ )は、2020年8月18日(火)より、「自治体特別プラン」の提供を開始します。本プランを通じて、自治体における「新しい生活様式」に合わせた採用選考を支援してまいります。

 

『Video Interview』自治体特別プラン 概要

募集期間内の応募者に対し、人数の上限なく特価にてご利用可能。

※金額については昨年度応募実績をベースにお見積もり。

 

『Video Interview』自治体特別プランに関するお問い合わせはこちら

https://videointerview.jp/demo.html

 

動画面接ツール『Video Interview』 https://videointerview.jp/

候補者が撮影した「動画」を見ることで、1次面接を代替できる動画面接ツール。候補者と時間が合わなくても活用でき、書類だけでは判断が難しい「印象・話し方」なども含めた候補者の評価が効率的に行なえます。時間・空間の制約を取り払い、採用活動を効率化。「顔」が見えるやりとりを通じて、選考意欲の向上による辞退防止にも役立ちます。

 

『Video Interview』自治体特別プラン 実施背景

2020年4月、エンが全面的に採用支援をした大阪府四條畷市が、自治体としては初めて『Video Interview』を導入。新型コロナウイルス感染症拡大の対策として、これまで対面で行なっていた1次面接を、候補者が撮影した「動画」に代替し、求職者や職員の安全に配慮した採用活動を行ないました。導入により、感染リスクとなる接触を避けられただけでなく、選考にかかる工数をいままでの約半数以下に削減。結果、緊急事態の中でも、過去最大人数の採用が決定いたしました。

全国の自治体でも、採用選考における「新しい生活様式」への対応は課題です。実際に、四條畷市の取り組みは話題となり、『Video Interview』に関する自治体からの問い合わせが急増。この反響を受け、エン・ジャパンは自治体向けに特別価格で提供を決定しました。本プランにより、自治体におけるオンライン選考の体制づくりを支援してまいります。

 

『Video Interview』自治体での導入事例

 

『Video Interview』導入事例インタビュー ~四條畷市 人事室 課長 溝口 直幸氏~

四條畷 人事室 溝口 直幸 様(右)/川上 正 様(左)

今までの選考では、面接は対面とオンラインの選択制としており、遠方の受験者も含め、多くの方が対面による面接を選択されること状況もありました。しかし新型コロナウイルスの感染拡大により、受験者はもちろん、四條畷に暮らす市民の安全にも配慮した新しい面接手法を検討。多くの受験者に対し、すべてオンラインで面接することは、ハード・人員面において困難であることから、今回の『Video Interview』導入に至りました。

導入後のメリットとしては、まず面接に関わる工数を削減できたことが挙げられます。緊急事態宣言下で交代制勤務となり、選考に関わる職員も少ない中でしたが、『Video Interview』のおかげで、時間と場所を選ばず選考が可能に。今回、かなりの応募人数がありましたが、これまでより少ない人員・工数で対応することができました。また、受験者からの評判もとても良かったです。ビデオ面接実施後のアンケートでは、約9割の受験者が『Video Interview』について「大変良かった」「良かった」と回答していました。

書類選考をしない当市では、応募数が多い場合、求職者全員とお会いすることについて難しく感じていました。今回の導入を経て、ビデオ面接は大変有用だと感じています。今後、このコロナの状況が落ち着いた後も、選考にビデオ面接を組み込んでいくことを視野に入れて考えています。

 

▼プレスリリース ダウンロード 20200818_VideoInterview(自治体特別プラン)

エン・ジャパン株式会社
広報担当:大原、松田、清水
TEL:03-3342-6590 FAX:03-3342-8525
E-mail:en-press@en-japan.com