ニュース詳細

転職コンサルタント150人に聞く!
「コロナ禍におけるミドル人材のリモートワーク」実態調査
―『ミドルの転職』転職コンサルタントアンケート― 新型コロナウイルスの感染拡大以降、大半の求職者がリモートワークを希望。
理由は「感染対策」「通勤時間の短縮」。

2020/09/29

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営するミドル世代のための転職サイト『ミドルの転職』( https://mid-tenshoku.com/ )上で、サイトを利用している転職コンサルタントを対象に「コロナ禍におけるミドル人材のリモートワークの実態」についてアンケートを行ない、157名から回答を得ました。

 

調査結果 概要

★ 新型コロナウイルスの感染拡大以降、大半の求職者がリモートワークを希望。理由は「感染対策」「通勤時間の短縮」。

★ 96%が「リモートワーク可能な求人が増えている」と回答。増えている業種は「IT・インターネット」、職種は「事務・管理系」。

★ 81%半数以上の企業が今後もリモートワークを継続する」と予測。背景にあるのは「感染拡大防止」「コストカット」。

★ 32%が「リモートワークと通常勤務とで企業が人材に求める条件や選考内容に違いあり」と回答。リモートワーク特有なのは「自己管理能力」「ITリテラシー」の確認。

※当アンケートでの「リモートワーク」とは以下を含む総称。
フルリモート勤務/一部リモート勤務/在宅勤務/サテライトオフィス勤務/レンタルオフィス勤務/モバイルワーク(オフィス以外どこでも勤務可能)

 

調査結果 詳細

1:新型コロナウイルスの感染拡大以降、大半の求職者がリモートワークを希望。理由は「感染対策」「通勤時間の短縮」。(図1、図2

転職コンサルタントに、新型コロナウイルスの感染拡大以降、リモートワークを希望する求職者は増えたと感じるか伺ったところ、99%が「増えている」(増えている:50%、どちらかといえば増えている:49%)と回答しました。また、求職者がリモートワークを希望している理由として8割以上が挙げたのは「新型コロナウイルス感染対策のため」(85%)、「通勤時間を短縮できるため」(82%)でした。

1】新型コロナウイルスの感染拡大以降、リモートワークを希望する求職者は増えたと感じますか?

2】新型コロナウイルスの感染拡大以降、リモートワークを希望する求職者が「増えている」「どちらかといえば増えている」と回答した方に伺います。どういった理由からリモートワークを希望している求職者が多いですか?(複数回答可)

 

2 96が「リモートワーク可能な求人が増えている」と回答。増えている業種は「IT・インターネット」、職種は「事務・管理系」。(図3~図5

新型コロナウイルスの感染拡大以降、リモートワーク可能な求人は増えたと感じるかについては、96%が「増えている」(増えている:56%、どちらかといえば増えている:40%)と回答しました。増えている業種は「IT・インターネット」(85%)、職種は「事務・管理系」(56%)がそれぞれ最多となりました。

3】新型コロナウイルスの感染拡大以降、リモートワーク可能な求人は増えたと感じますか?

4】新型コロナウイルスの感染拡大以降、リモートワーク可能な求人が「増えている」「どちらかといえば増えている」と回答した方に伺います。どのような業種で増えていると感じますか?(複数回答可)

5】新型コロナウイルスの感染拡大以降、リモートワーク可能な求人が「増えている」「どちらかといえば増えている」と回答した方に伺います。どのような職種で増えていると感じますか?(複数回答可)

 

381%が「半数以上の企業が今後もリモートワークを継続する」と予測。背景にあるのは「感染拡大防止」「コストカット」。(図6、図7

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけにリモートワークを導入し今後も継続する(予定の)企業の割合予測を伺ったところ、 81% が「5割以上」と回答しました。多くの転職コンサルタントが、企業のリモートワークは今後も継続すると見ているようです。また、「5割以上」と回答した方に企業のリモートワークの継続理由を伺いました。上位に挙げられたのは「感染拡大防止のため」(80%)、「コストカット(オフィス賃料や交通費など)のため」(69%)でした。

6】新型コロナウイルスの感染拡大がきっかけとなり、リモートワークを導入し、今後も継続してリモートワークを実施する(予定の)企業の割合はどれくらいだと思いますか?

7】新型コロナウイルスの感染拡大がきっかけとなり、リモートワークを導入し、今後も継続してリモートワークを実施する(予定の)企業の割合を「5割以上」と回答した方に伺います。どのような理由で今後もリモートワークの継続を考えている企業が多いですか?(複数回答可)

432が「リモートワークと通常勤務とで企業が、人材に求める条件や選考内容に違いあり」と回答。リモートワーク特有なのは「自己管理能力」「ITリテラシー」の確認。(図8、図9

リモートワークと通常勤務とで、企業が人材に求める条件や選考内容の違いの有無に関しては、32%が「ある」(ある:8%、どちらかと言えばある:24%)と回答。リモートワークならではの条件や選考内容で多いものについては「自己管理能力があるかの確認」(84%)、「ITリテラシーの確認」(56%)が上位に挙げられました。“リモート”という管理者の目が届きにくい状況下の中でも自分を律し、滞りなく業務を遂行できるかを企業は見ていることがわかります。

8】リモートワークと通常勤務とで、企業が人材に求める条件や選考内容に違いはありますか?

9】リモートワークと通常勤務とで、企業が人材に求める条件や選考内容に違いは「ある」 「どちらかと言えばある」と回答した方に伺います。リモートワーク特有の条件や選考内容で多くあると感じるものを教えて下さい。(複数回答可)

【調査概要】
■調査方法:インターネットによるアンケート
■調査対象:『ミドルの転職』( https://mid-tenshoku.com/ )を利用する転職コンサルタント
■有効回答数:157名
■調査期間: 2020年9月9日 ~ 9月14日

 

ミドル世代のための転職サイトミドルの転職』 https://mid-tenshoku.com/

経験やテクニカルスキルに加え、よりヒューマンスキルを重視したマッチングが求められる30代・40代の転職を、国内最大級10万件以上のミドル向け求人と、オンラインビデオ面談機能などを搭載した機能的な管理画面でサポートします。 転職活動自体の生産性を向上させることで、心的・物理的な負荷を軽減。再就職の決定までに時間がかかりがちなミドル層の転職を、より円滑なものとなるよう支援します。

▼プレスリリース ダウンロード 20200929_ミドル(リモートワークの実態)

エン・ジャパン株式会社
広報担当:大原、松田、清水
TEL:03-3342-6590 FAX:03-3342-8525
E-mail:en-press@en-japan.com