ニュース詳細

エン・ジャパン、チーム相性テスト
『Chemistry(ケミストリー)』の提供を開始。 ー組織の「相性」を可視化。人材の採用・配属・育成の効率化を支援ー

2021/04/14

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)は、4月12日(月)より、組織における「相性」を可視化する適性検査サービス『Chemistry (ケミストリー) 』(https://teamtest-chemistry.com/)の提供を開始しました。以下、概要をご報告します。

 

 

サービス概要

『ケミストリー』は社員同士の相性、また採用における応募者と企業との相性を可視化する適性検査サービスです。人材のマネジメントに役立つことはもちろん、人材の採用、配属、育成の効率化も実現します。

 

1:受検者の特性を4タイプに分類

コミュニケーション特性をもとに、受検者を4つのタイプに分類。人材の特性(得意・不得意)を整理します。

 

 

2:組織の「相性」を可視化

グラフで組織の状態や社員の関係性を俯瞰して把握可能。組織課題の特定や、早期発見に役立ちます。

 

 

3:「相性」に応じたコミュニケーション方法をアドバイス

受検結果から、社員同士(もしくは面接担当と応募者)との「相性一致度」をレポート。結果に応じて効果的なコミュニケーション方法をアドバイスします。

 

サービス開発背景

多様性の時代、相性が合う人とだけで働いていくことはできません。さらに新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、リモートワークが浸透。社員同士のコミュニケーションも変化し、組織活動の難度は高まっています。

そこで、人材採用と入社後の活躍を支援するエン・ジャパンは、30年以上にわたる適性検査の開発・運用ノウハウをもとに、新たな適性検査サービス『ケミストリー』を開発しました。『ケミストリー』は、従来の適性テストのように「相性が合う」、「合わない」を調べるだけでなく、社員が互いに補い合い、相乗効果を発揮していけるように設計されています。

「化学反応」を意味するサービス名には、「“相性”という観点から、企業の組織活動に良い“化学反応”を起こしたい」という願いを込めました。当サービスを通して、困難な状況下における企業の組織運営を支援してまいります。

 

お問い合わせはこちらから:https://teamtest-chemistry.com/

チーム相性テスト『Chemistry(ケミストリー)』 https://teamtest-chemistry.com/

チーム相性テスト『Chemistry(ケミストリー)』は、受検者のコミュニケーション特性をもとに、組織内の相性や、採用における応募者との相性を可視化する、今までにない適性検査サービスです。「相性」という観点から、人材の採用・配置・育成の効率化、組織活動の活性化を支援します。

 

▼プレスリリース ダウンロード 20210414_チーム相性テスト『ケミストリー』提供開始

エン・ジャパン株式会社
広報担当:大原、清水、羽田、関、星
TEL:03-3342-6590
E-mail:en-press@en-japan.com