ニュース詳細

エン・ジャパン、静岡県掛川市と連携協定を締結。
「副市長」公募の採用支援プロジェクト開始!
ー同時に、新設ポジション「副業×DX推進担当」「広報戦略官」も募集ー

2021/10/18

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)と静岡県掛川市(市長:久保田崇)は、行政課題の解決を目的に連携協定を締結しました。本協定締結にあたり、2021年10月18日(月)より採用プロジェクトを始動。当社が運営する採用支援サービスを通じ、市初となる「副市長」の公募を実施します。同時に、新設ポジションである「DX推進担当(副業)」「広報戦略官」も公募。下記、本プロジェクトの概要と掛川市長 久保田氏のコメントを紹介します。ぜひ、ご一読ください。

特設ページはこちら ⇒ https://www.enjapan.com/project/kakegawa.html

 

募集背景・プロジェクト詳細

静岡県掛川市は、静岡市と浜松市の中間に位置するまちです。広大な土地、関東・関西へのアクセスの良さ、1年を通じて過ごしやすい気候が特徴で、茶畑をはじめとした農業に加え、名だたるメーカーも多く掛川市に工場や支社を設けています。掛川市のもう一つの特徴は、市民の主体性の高さ。「生涯学習都市宣言(※)」を国内で最初に掲げたり、市民が主体となり募金をあつめた新幹線駅の誘致など…主体的な取り組みが盛んに行なわれてきました。一方、昨今の掛川市では少子高齢化などの課題が深刻に。名産の掛川茶の生産量減少や、公共交通機関の担い手の高齢化、若手人口の流出などの問題が起きています。
(※)掛川市「生涯学習都市宣言」についてhttps://www.city.kakegawa.shizuoka.jp/gyosei/docs/9170.html

そんな中、2021年に新たに久保田市長が就任。市長が交代するのは12年ぶり、40代の市長の誕生は40年ぶりです。市の改革を進める中で、市長と共に政策を推進する市2人目の「副市長」公募を決定。掛川市役所勤務が長く、庁内調整や既存業務に長けた1人目の副市長との分業を行なうことにより、スピーディーな市政の改革を目指します。今回公募する副市長にメインで任せたいのは、市のPR・デジタル活用・ダイバーシティ推進など、これまで着手できていなかった領域。コロナ禍で移住など人材の流動性が高まる中、選ばれるまちを目指します。また、同時に新副市長と共に改革を進める「DX推進担当(副業)」「広報戦略官」も公募。副市長だけでなく、現場でも外部出身の方を登用し、変化する時代に対応できる柔軟性とスピードを持った組織に変えていきます。掛川市はこれから改革を迎えるタイミング、熱意をもって取り組んでいただける方からのご応募をお待ちしています。

 

募集要項

・募集職種:副市長、DX推進担当(副業)、広報戦略官
・応募受付期間:2021年10月18日(月)~2021年11月14日(日)
・応募受付サイト:『エン転職』『AMBI』『ミドルの転職』『エンジニアHub』
・特設ページ:https://www.enjapan.com/project/kakegawa.html

 

静岡県掛川市長 久保田 崇氏 コメント

公募による民間人材の活用は、ダイバーシティ経営やデジタル化など、現代的な課題解決に向けて、市政運営の中にこれまで以上のスピードと柔軟性を取り入れるためのチャレンジです。

副市長には、同時に募集するDX推進担当や広報戦略官とともに様々な側面から市政改革を推進してもらうことを期待しています。デジタル化によって実現できる未来を描くことや掛川市のポテンシャルの高さを発信することも急務です。私とともに地方都市のモデルを作り上げていきましょう。ご応募をお待ちしています。

 

掛川市長 久保田 崇氏 プロフィール

1976年掛川市生まれ。2000年、京都大学卒業。2001年、内閣府入府。ケンブリッジ大学大学院(MBA)修了。2019年、掛川市副市長に就任。2021年4月より現職。

 

 

 

本プロジェクトにおける当社支援サービス

これが定番。総合満足度No.1の求人情報サイトエン転職https://employment.en-japan.com/

会員数900万人超を誇る、日本最大級の総合求人サイトです。エンの担当者が求人企業を取材し、良い点もそうでない点も正直に記載。さらに現社員や元社員のクチコミ、それに対する企業担当者のコメントなど多面的な情報提供により、ミスマッチのない「人と企業の出会い」を支援します。

※2018~2021年オリコン顧客満足度ランキング(転職サイト)にて総合1位を獲得。(https://career.oricon.co.jp/rank-job-change/

若手ハイキャリアに特化した求人情報サイト『AMBI(アンビ)https://en-ambi.com/

高いポテンシャルを持つ若手人材をターゲットとした求人情報サイト。幹部候補や次世代リーダー・マネージャー向けの求人をはじめ、早期にレベルの高い仕事に挑戦できる環境が整ったハイクラス求人だけを厳選して掲載。最新のビジネストレンドや活躍する若手のインタビューを題材としたクオリティの高い特集記事、人事担当者・ヘッドハンターが求職者の合格可能性を判定する「マイバリュー」など独自の機能を通じ、自身のキャリアについて考えるきっかけを提供。より高いパフォーマンスを発揮できる場を探す若手の転職活動を支援します。

ミドル世代に特化した求人情報サイトミドルの転職https://mid-tenshoku.com/

30代・40代を中心とした「ミドル世代」の転職/採用を支援する求人情報サイト。ミドル世代向けの求人を国内最大規模で掲載しており、経営幹部・CxO・部長クラスの募集など年収1000万円を超えるハイクラス求人も豊富です。経験やテクニカルスキルだけでなく、価値観なども重視した精緻なマッチングが求められる30代・40代の転職を、オンラインビデオ面談機能などを搭載した機能的な管理画面でサポート。 転職活動自体の生産性を向上させることで、心的・物理的な負荷を軽減しつつ、入社後の活躍に繋がる転職を支援します。

 

エンジニア向け転職サイト『エンジニアHub』https://eh-career.com/

「Webエンジニアのキャリアを考える」がテーマのエンジニア向けWebメディアから派生した、エンジニア専門求人サイト。「年収500万円以上」「自社プロダクトを持つ企業」の求人を中心に、IT・Webエンジニア経験者向けの魅力的な求人を厳選しています。気になる求人を保存しておける「気になるリスト」機能も搭載。保存した企業からの関心度も高い場合は「応募歓迎」通知が届くため、効率的な転職活動が可能です。エンジニアの仕事に活きる質の高い記事も多数掲載しています。

 

「活躍の足跡」を可視化するリファレンスレポートサービス『ASHIATO』https://ashiatohr.com/

ASHIATO(アシアト)は、エン・ジャパンによる新しい「リファレンスレポート」サービス。候補者の現職や前職の上司・同僚によるレビューを集め、過去の活躍ぶりを可視化します。ネガティブチェック的な要素が強かった従来の「リファレンスチェック」とは異なり、採用上のネックだけでなく「活躍のためのヒント」まで可視化できるのが特徴。企業にフィットする人材の採用から活躍まで支援するオンライン完結型のサービスです。

 

「採用」の力を信じ、社会を大きく変えていく採用支援プロジェクトhttps://www.enjapan.com/

「採用」には、世の中を変える力がある。そう信じるエン・ジャパンの全社横断プロジェクトです。国や自治体のあり方を変える。新しいテクノロジーを創出する……志ある企業・団体の採用を徹底支援。入社後の活躍まで責任を持って伴走してまいります。

 

▼プレスリリースダウンロード 20211018_エン・ジャパン採用支援プロジェクト(掛川市)

エン・ジャパン株式会社
広報担当:大原、清水、羽田、関、星
TEL:03-3342-6590
E-mail:en-press@en-japan.com