ニュース詳細

2,700人が回答!「社会人の学び」実態調査
ー『エン転職』『AMBI』『ミドルの転職』ユーザーアンケートー 半数が「学び」を現在実践している/実施したことがあると回答。
学びを実践中の方の学習テーマ、トップは「経営・ビジネスに必要な知識・能力」。
学習時間は「週に1~3時間未満」が最多。学習時間が長いのは20代以下・50代以上。

2022/04/27

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する『エン転職』(https://employment.en-japan.com/)、『AMBI』(https://en-ambi.com/)、『ミドルの転職』(https://mid-tenshoku.com/)上で、サイトを利用しているユーザーを対象に「社会人の学び」についてアンケートを行ない、2,706名から回答を得ました。

調査結果 概要

★ 半数が「学び」を現在実践している/実施したことがあると回答。

★ 学びを実践中の方の学習テーマ、トップは「経営・ビジネスに必要な知識・能力」。学習時間は「週に13時間未満」が最多。学習時間が長いのは20代以下・50代以上。

★ 学びを実践予定の方が想定している学習テーマは、「専門的な資格の取得」。学びたい理由は、「自身の市場価値を高めるため」が最多。

★ 学びを実践したことがない方の8割が、学びへの関心あり。学びを行なわない理由は、「学費や受講料の負担が大きい」から。

調査結果 詳細

1:半数が「学び」を現在実践している/実施したことがあると回答。(図1~2)

「なにか自主的な“学び”を実践していますか?」と伺ったところ、33%が「現在、学びを実践している」、21%が「過去に学びを実践していたことがある」と回答しました。

学びを実践中/実践の経験がある割合では、年代別では50代以上が60%(現在、学びを実践している:31%、過去に学びを実践していたことがある:29%)、年収別では年収800万以上が68%(年収800万円~1000万円:同41%、27%/年収1001万円以上:同49%、19%)と平均よりも高い結果となっています。

 

【図1】なにか自主的な“学び”を実践していますか?(年代別)

【図2】なにか自主的な“学び”を実践していますか?(年収別)

 

2学びを実践中の方の学習テーマ、トップは「経営・ビジネスに必要な知識・能力」。学習時間は「週に13時間未満」が最多。学習時間が長いのは20代以下・50代以上。(図38

「現在、自主的な学びを実践している」と回答した方に、どのような学びを実施しているか伺ったところ、トップ3は、「経営・ビジネスに必要な知識や能力」(29%)、「専門的な資格の取得」(28%)、「英語などの語学力」(25%)でした。

年代別で最も多かったのは、20代以下が「専門的な資格の取得」(33%)、30代が「英語などの語学力」(30%)、「英語などの語学力」(30%)、40代、50代が「経営・ビジネスに必要な知識や能力」(31%)。年収別で見ると、年収1001万円以上の方は「経営・ビジネスに必要な知識や能力」が55%と最多。全体よりも26ポイント高い結果となりました。

1週間の学習時間は、「週に1~3時間未満」が40%で最多。「週に7時間以上」の回答が多かったのは、年代別では20代以下・50代以上(27%)、年収別では年収1001万円以上(33%)が最多でした。

学びにかかった費用(月間)や、学びによる変化、仕事と学びを両立する上での工夫についても、あわせて紹介します。

 

【図3】「現在、自主的な学びを実践している」と回答された方にお聞きします。具体的にどのようなことを学びましたか?(複数回答可/年代別)

4】「現在、自主的な学びを実践している」と回答された方にお聞きします。具体的にどのようなことを学びましたか?(複数回答可/年収別)

5】「現在、学びを実践している」と回答された方にお聞きします。平均して、1週間にどれくらい学習をしていますか?(年代別)

6】「現在、学びを実践している」と回答された方にお聞きします。平均して、1週間にどれくらい学習をしていますか?(年収別)

7】「現在、学びを実践している」と回答された方にお聞きします。かかった費用(月間)を教えてください。

図8「現在、学びを実践している」と回答された方にお聞きします。「学び」により、どのような変化がありましたか?(複数回答可)

 

■仕事と学びを両立するために、工夫していること

・オンオフの切り替えと時間の効率性を最大限に意識する。また読書や英単語など隙間時間でできること、がっつり時間を要すると判断したことを棲み分けて着手するようにしている。(20代男性)

・学んだことで仕事で使えそうなことはすぐ実践するようにしている。(20代女性)

・土日など、休日にまとめて一週間分の食事を作り、空いた時間をなるべく学習にあてるようにしている。(30代女性)

・仕事の少し空いた時間でテキストを読み、帰宅後にノートへ書き写す。理解しきれないことはGoogleやYouTubeなどで学ぶ。(30代男性)

・無理をしない。疲れているときは「学び」は休憩し、休日など時間のある時に集中して学びの時間を作っている。(40代女性)

・短時間でもすぐにできるよう、本を手に取りやすい所に置いている。(50代男性)

 

 

3学びを実践予定の方が想定している学習テーマは、「専門的な資格の取得」。学びたい理由は、「自身の市場価値を高めるため」が最多。(図911

「これから学びを実践する予定がある」と回答した方に、どのような学びを実践する予定かを聞いたところ、「専門的な資格の取得」(50%)が最多でした。次いで「経営・ビジネスに必要な知識や能力」(37%)が続きます。

年代別では差は見られませんでしたが、年収別にみると、年収1001万円以上の方は「経営・ビジネスに必要な知識や能力」が62%で最多。全体と比べて25ポイント高い結果となりました。実践予定の学びについて、学びたい理由を伺うと、「自身の市場価値を高めるため」(70%)が最多でした。

 

9】「これから学びを実践する予定がある」と回答された方にお聞きします。具体的にどのようなことを学ぶ予定ですか?(複数回答可/年代別)

10】「これから学びを実践する予定がある」と回答された方にお聞きします。具体的にどのようなことを学ぶ予定ですか?(複数回答可/年収別)

 

11】「これから学びを実践する予定がある」と回答された方にお聞きします。予定している学びについて、学びたいと思う理由を教えてください。(複数回答可)

 

4学びを実践したことがない方の8割が、学びへの関心あり。学びを行なわない理由は、「学費や受講料の負担が大きい」から。(図1213

「学びを実践したことがない」と回答した方に「学びに関心はあるか?」と尋ねたところ、79%が「関心がある」と回答しました。学びを行なわない理由について伺うと、「学費や受講料の負担が大きい」(62%)が最多。学びへの関心はあるものの、かかるコストがネックになっているようです。

 

図12】「学びを実践したことがない」と回答した方に伺います。「学び」に関心はありますか?

13】「学びを実践したことがない」と回答した方に伺います。学びを行わない理由を教えてください。(複数回答可)

 

【調査概要】
■調査方法 :インターネットによるアンケート
■調査対象 :『エン転職』(https://employment.en-japan.com/)『AMBI』https://en-ambi.com/)『ミドルの転職』(https://mid-tenshoku.com/)を利用するユーザー
■有効回答数:2,706名
■調査期間 :2022年3月7日~4月13日

 

総合満足度No.1 日本最大級の総合求人情報サイトエン転職https://employment.en-japan.com/

会員数900万人超を誇る、日本最大級の総合求人サイトです。エンの担当者が求人企業を取材し、良い点もそうでない点も正直に記載。さらに現社員や元社員のクチコミ、それに対する企業担当者のコメントなど多面的な情報提供により、ミスマッチのない「人と企業の出会い」を支援します。

※2018年~2021年オリコン顧客満足度調査「転職サイト」ランキング総合1位(https://career.oricon.co.jp/rank-job-change/

若手ハイキャリアに特化した求人情報サイト『AMBI(アンビ)https://en-ambi.com/

高いポテンシャルを持つ若手人材をターゲットとした求人情報サイト。幹部候補や次世代リーダー・マネージャー向けの求人をはじめ、早期にレベルの高い仕事に挑戦できる環境が整ったハイクラス求人だけを厳選して掲載。最新のビジネストレンドや活躍する若手のインタビューを題材としたクオリティの高い特集記事、人事担当者・ヘッドハンターが求職者の合格可能性を判定する「マイバリュー」など独自の機能を通じ、自身のキャリアについて考えるきっかけを提供。より高いパフォーマンスを発揮できる場を探す若手の転職活動を支援します。

ミドル世代に特化した求人情報サイトミドルの転職https://mid-tenshoku.com/

30代・40代を中心とした「ミドル世代」の転職/採用を支援する求人情報サイト。ミドル世代向けの求人を国内最大規模で掲載しており、経営幹部・CxO・部長クラスの募集など年収1000万円を超えるハイクラス求人も豊富です。経験やテクニカルスキルだけでなく、価値観なども重視した精緻なマッチングが求められる30代・40代の転職を、オンラインビデオ面談機能などを搭載した機能的な管理画面でサポート。 転職活動自体の生産性を向上させることで、心的・物理的な負荷を軽減しつつ、入社後の活躍に繋がる転職を支援します。

 

▼プレスリリース ダウンロード 20220427_3サイト合同アンケート(社会人の学び)

エン・ジャパン株式会社
広報担当:清水、関、高田
TEL:03-3342-6590
E-mail:en-press@en-japan.com