両代表より





転職は慎重に──enが大切にする「主観正義性」。
「仕事を大切に、転職は慎重に」。長年、発信し続けてきたこのキャッチコピーには、enが大切にしている考え方が凝縮されています。収益を上げるためだけに、無責任に転職を煽らない。求職者と採用企業、双方が幸せになれる形を真剣に考える。設立以来、変わらない事業姿勢です。

根底にあるのは「主観正義性と収益性の両立」という我々のポリシー。「HR以外」の領域にも通底する考え方です。主観正義性とは、世の中のあるべき姿を独自に考え、その実現に尽力する姿勢のこと。

業界のあり方に問題意識を持ち、商習慣の変革を促す。採用ビジネスでいえば「入社後の活躍・定着」まで見据えた採用・転職支援サービスを業界の常識にすることが我々の主観正義です。

そのためには、一定の売上規模や高い収益性による影響力も欠かせません。「主観正義性と収益性の両立」は困難で、多くの葛藤をもたらしますが、乗り越えると独自性のあるビジネスになると考えています。

enグループはこの信念に基づき、今後も様々な業界が抱える問題に挑み続けます。


これからの仕事価値観「I & W」。日本から世界へ。

我々が掲げる主観正義の一つが、新しい「仕事価値観」の普及・浸透です。

近年「仕事はお金を稼ぐ手段で、仕方なくやるもの」という考え方が広まってきていることに危機感を覚えています。人々が仕事への意欲を失ってしまえば、経済が縮小するだけでなく、社会課題に対する取り組みも停滞します。何より、一人ひとりの人生の充実が阻まれてしまうことを懸念しています。

enは仕事に関わるビジネスに取り組みながら、真に充実した人生を送るために必要な仕事価値観とは何か、研究を続けてきました。結果、辿り着いたのが「I & W」、すなわち「Inner Calling」&「Work Hard」。これからの時代に欠かせない仕事価値観だと考えています。

Inner Callingは、誰もが持っている「内なる良心」を呼び起こす、という意味の造語です。自分のために働くだけでなく、利他の考え方を持って仕事をする。enが提唱する仕事価値観です。

Work Hardは「懸命に仕事をする」という意味で、きつい仕事(hard work)とは異なります。高いパフォーマンスを実現するために不可欠な、あらゆる分野の一流のプロに共通する仕事価値観です。

Inner Calling & Work Hardは、自分だけでなく、誰かのため、社会のために、懸命に仕事に取り組むこと。

周囲から感謝され、必要とされる。仕事が好きになり、自ら研鑽し、より良い成果を出せるようになる。結果、精神的にも経済的にも充実した人生を実現できる。それが我々の提唱する仕事価値観「I & W」です。あらゆる国、業界、職種でこの仕事価値観を広め、より充実した仕事人生を増やしたいと考えています。







HR、そして新たな領域で世界一を目指す。
事業展開における長期目標は2つあります。

1つ目は主力であるHR事業での目標「入社後活躍100%⇒クオリティ世界一へ」。

「入社後活躍」とは、HRビジネスにおけるenの主観正義です。

人々が何度も転職を繰り返すほうが、人材採用支援会社の収益は増えます。入社の先にある「活躍・定着」までは、コストをかけてまで注力しないのが普通です。しかしそれでは、働く人も企業も、いつまでも満たされません。

enは、就・転職や採用の瞬間をゴールとするのではなく、その先にある、入社者の「仕事人生の充実」 と「企業業績への貢献」を見据えたサービス提供を行なっています。

安易に転職を煽らない。入社後の活躍まで見据え、就・転職をサポートする。「入社後活躍」は、HR業界そのものをより良く変えていくための核となるコンセプトです。今でも質的に業界一と自負していますが、まだ「入社後活躍100%」とは言えません。難易度の高い挑戦ですが、今後もいっそう磨きをかけていきます。


もう一つの目標は、HR領域以外の「新たな“世界一になれるもの”を創る」です。

非HR領域に進出する理由は2つ。ひとつは、来たる変化に備えて新しい収益の柱を作るため。2つ目は、「主観正義性と収益性の両立」という事業理念に基づき、広い領域の社会課題解決に貢献するためです。

すでに芽は出つつあります。例えば、文章解析AIに強みを持つテクノロジー企業「Insight Tech」も、オンライン結婚相談所を運営する「エン婚活エージェント」も、enグループの一員です。新規事業の企画・開発に注力し、M&Aやアライアンスなどの手法も活用しながら「新たな世界一」の創出に挑戦します。





グローバル展開で、enの考え方を世界に。

enの「主観正義性」「I & W仕事価値観」「入社後活躍」といった日本発のコンセプトを世界に広めたい。日本に留まらず、世界の社会課題を解決していきたい。今で言う「SDGs」にも通じる考え方です。

その想いから、グローバル展開にも注力を続けています。現在はアジアを中心に展開。グローバル市場での影響力を高めるべく今後も拡大を続けます。

例えば近年圧倒的な経済成長を見せているベトナムでは、同国最大の求人・求職サイトと人材紹介、教育ビジネスを手掛ける「Navigos Group」を2013年から子会社化。成長市場のトッププレイヤーをさらにグロースさせながら、ベトナムHR業界の変革を促します。

また、ITエンジニアが世界最多のインドでも、国内最大級のIT人材派遣会社「Future Focus Infotech」をグループに迎えました。今後はアジア以外のエリアも視野に入れながら、さらなるグローバル展開を進めます。


テクノロジー活用で、新たな「史上初」を。

もう一つ重視しているのがテクノロジー活用です。エン・ジャパンはインターネット黎明期の1995年7月、日本史上初となるネット求人サービス「縁 Employment Net(現在のエン転職)」を世に送り出しました。テクノロジー活用は我々の強みであり、グループの未来を左右する最重要テーマだと捉えています。

直近でも「engage(エンゲージ)」や「HR OnBoard」など、過去になかったHR Techサービスを開発。求人・求職サイトなどデジタルプラットフォーム運営で蓄積してきた知見と、新たなテクノロジーを掛け合わせれば、革新的なサービスを生み出せると手応えを感じています。

グループ企業「株式会社Insight Tech」が蓄積してきた1,400万件を超える不満コメントのビッグデータと、その有効活用に必要な文章解析AIは、マーケティング領域で従来の常識を変える可能性を秘めています。

技術の力で、今までになかった「社会をより良くするサービス」を生み出す。新たな「史上初」を増やしていく。enはテクノロジーを強みとしながら、人にしかできないソリューションを掛け合わせ、新しい常識を作ります。

HR領域、そして新たな領域で、豊かな人生、より良い世界の実現に貢献し続けます。


2020年1月
エン・ジャパン株式会社
代表取締役会長 越智 通勝
代表取締役社長 鈴木 孝二