本業による社会貢献・SDGs

「主観正義」で、
社会をより良く。
エンが考える”社会貢献”の形
エン・ジャパンは設立以来「ビジネスを通じた社会課題の解決」に取り組んでいます。
慈善・文化支援活動ではなく、影響力と継続性を兼ね備える「本業」の中で、業界、
ひいては社会全体をより良く変革していく。この信念を貫いてきました。

特にメイン事業であるHRビジネスは
雇用創出・生産性向上・仕事人生の充実などに通じる、極めて社会性の高い領域
だからこそ、真摯に本業と向き合うことが最大の社会貢献だと考えます。

最も大切にしているのは、本業において「主観正義」を貫くこと。
まだ社会的に問題とされていないことでも、独自の問題意識をもって解決に取り組む。
業界や社会の”常識”が間違っていると思えば、主張し、変えていくのが当社です。

むやみに転職を煽るのではなく、「入社後活躍の実現」まで徹底的にこだわった
採用 / 転職支援サービスを提供することで、業界の変革を促してきたのもそのためです。
今後もこのスタンスを崩さず、本業で世の中をより良く変えていきます。
エンジャパンは「第19回 ポーター賞」を受賞しました。
「CSV(Creating Shared Value=共通価値の創造)」の概念を提唱したマイケル・ポーター氏が自ら授賞を行なう「ポーター賞」。高い収益性と「入社後活躍」の両立にこだわり、業界の常識をも変えていこうとする当社の姿勢・実績をご評価いただき、受賞に至りました。
SDGsと具体的な取り組み
国連で採択された SDGs(持続可能な開発目標)に照らし合わせて、エンが取り組む”本業での社会貢献”の具体例をご紹介します。

特に「働きがいも経済成長も」「質の高い教育をみんなに」の2つは、当グループの事業との関連性が非常に強い項目です。「入社後の活躍」による仕事人生の充実や経済成長。社会人向けの教育サービスの普及や質的向上。また AI を活用したマーケティング支援や新しい価値の創出など、非HR 領域も含め様々な形でSDGs 達成に貢献できると考えています。
私たちの取り組み
「オネストリクルーティング」の普及
を通じた入社後ギャップ低減

入社後のギャップを低減するため、求人メディアや自社HP等で企業が「正直な情報発信」を徹底する採用コンセプト「オネストリクルーティング」を提唱。企業向けの普及に取り組み、離職率の低下や活躍度向上に貢献しています。

ポテンシャルを活かしきれていない
「埋蔵人材」の再配置&活性化

優秀で大きなポテンシャルがあるのに、職場で十分なチャンスが得られていない。こうした「埋蔵人材」に活躍の場を提供し、力を最大限に発揮してもらうための支援を「AMBI」や「ミドルの転職」などを中心に行なっています。

「仕事人生の充実」を実現する
多様な働き方の推進

あらゆる人が、各々の形で「充実感のある仕事人生」を送れるように。時間や場所などの制約がある方もベストな働き方を選べるよう、派遣・アルバイト・フリーランス・時短勤務・テレワークなど多様な選択肢を開拓・提供しています。

採用を通じて社会課題の解決に挑む
「採用支援プロジェクト」

社会的意義の大きい採用を全社横断で支援する一大プロジェクト。中央省庁の幹部候補職員、地方公共団体の副市長、NPO団体の職員、ドローン活用に携わるエンジニアなど、様々な採用を支援し、社会課題の解決に貢献しています。