ニュース詳細

エン・ジャパンの採用支援プロジェクトを通じ、
富山県氷見市の副市長が決定!  

2020/03/18

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が採用支援した富山県氷見市の公募にて、副市長が決定したことをご報告いたします。今回エン・ジャパンでは、全国からの応募者獲得を全面支援。採用ターゲットの設定、プレスリリース配信、特設ページや複数求人サービスによる集客を行ないました。さらに選考活動における面接や活躍可能性の高い人材の見極めのアドバイスを実施いたしました。

 

▼今回の取り組み詳細はこちら

エン・ジャパン、富山県氷見市 副市長公募の採用支援プロジェクト開始! 
https://corp.en-japan.com/newsrelease/2020/21375.html

 

新副市長 プロフィール

富山県氷見市 新副市長 篠田 伸二氏

1961年生まれ、愛知県出身。上智大学出身。1985年4月より株式会社東京放送(現TBSテレビ)に入社後、報道番組やドキュメンタリーのプロデューサー、横浜ベイスターズ(出向)の広報部長、テレビ編成局宣伝部部長を歴任。2016年に同社退職後、起業し映像制作や舞台演出、地方創生活動などに従事。

 

 

 

 

富山県氷見市長 林 正之氏 コメント

今回の副市長の選任にあたり、全国公募の方針決定から募集開始まで、たいへん厳しいスケジュールでした。しかし、エン・ジャパン社の支援を受け、民間人材への働きかけをはじめ、東京での募集説明会開催にもご協力をいただいた結果、810名もの応募をいただきました。この度、選任された次期副市長は、すばらしいキャリアと熱意を備えた方です。地元民では気づけないような点に着目し、過去のキャリアを通して築いたスキルや人脈も活かしながら、氷見市に新しい風を吹き込んでいただけるものと思っています。新たな副市長の力を得て、本市が掲げる「住みたいまち」「働きたいまち」「育てたいまち」というビジョンの実現。そして、地方創生において全国の地方自治体のモデルケースとなるようなまちづくりの推進に向け、全力で取り組んでまいります。

 

富山県氷見市長 林 正之氏

1957年生まれ、富山県氷見市出身。京都大学出身。1979年4月より富山県庁入庁後、県土木部長や建設技術センター副理事長を歴任、氷見未来まちづくり研究会副会長ののち、2017年4月の市長選で初当選。一期目。

 

 

 

 

当プロジェクトにおける求人支援サービス

利用者満足度No.1 日本最大級の総合転職支援サービスエン転職https://employment.en-japan.com/

会員数800万人超。日本最大級の総合転職支援サービスです。求人企業1社1社をエンの担当者が訪問し、会社や仕事の魅力を徹底取材。取材記事に加え、現社員や元社員のクチコミ、企業担当者のコメントなど、多面的な情報提供により、ミスマッチのない転職を支援します。

 

ミドル世代のための転職サイト『ミドルの転職https://mid-tenshoku.com/

経験やテクニカルスキルに加え、よりヒューマンスキルを重視したマッチングが求められる30代・40代の転職を、国内最大級10万件以上のミドル向け求人と、オンラインビデオ面談機能などを搭載した機能的な管理画面でサポートします。 転職活動自体の生産性を向上させることで、心的・物理的な負荷を軽減。再就職の決定までに時間がかかりがちなミドル層の転職を、より円滑なものとなるよう支援します。

 

利用企業数国内No.1の求人支援サービス『engage(エンゲージ)』 https://en-gage.net/

無制限の求人掲載・自社採用ページ作成、応募者管理、採用まで、0円からカンタンに使える利用企業数国内No.1の求人支援サービスです。さまざまな業種・規模・募集職種・雇用形態に対応。全国20万以上の企業・店舗の採用現場で導入されています。

 

▼プレスリリース ダウンロード 20200318_エン・ジャパン×氷見市(採用決定)

エン・ジャパン株式会社
広報担当:大原、松田、清水、西春
TEL:03-3342-6590 FAX:03-3342-4683
E-mail:en-press@en-japan.com