社会貢献

「主観正義」で、
社会をより良く。
enが考える“社会貢献”の形
エン・ジャパンは設立以来「ビジネスを通じた社会課題の解決」に取り組んでいます。
慈善活動や寄付ではなく、影響力と継続性を兼ね備える「本業」の中で、業界、
ひいては社会全体をより良く変革していく。この信念を貫いてきました。

特にメイン事業であるHRビジネスは
雇用創出・生産性向上・仕事人生の充実などに通じる、極めて社会性の高い領域。
だからこそ、真摯に本業と向き合うことが最大の社会貢献だと考えます。

最も大切にしているのは、本業において「主観正義」を貫くこと。
まだ社会的に問題とされていないことでも、独自の問題意識をもって解決に取り組む。
業界や社会の“常識”が間違っていると思えば、正しいと思える形に変えていくのが当社です。

むやみに転職を煽るのではなく、「入社後活躍の実現」まで徹底的にこだわった
採用 / 転職支援サービスを提供することで、業界の変革を促してきたのもそのためです。
ここでは、私たちの「主観正義」に基づく取り組みをご紹介させてください。
エンジャパンは「第19回 ポーター賞」を受賞しました。
「CSV(Creating Shared Value=共通価値の創造)」の概念を提唱したマイケル・ポーター氏が自ら授賞を行なう「ポーター賞」。高い収益性と「入社後活躍」の両立にこだわり、業界の常識をも変えていこうとする当社の姿勢・実績をご評価いただき、受賞に至りました。
私たちの取り組み
「正直さ」で、人と企業にベストな出会いを。
“オネストリクルーティング”の提唱・普及

心から納得できる「人と企業のマッチング」を増やし、人が持つ力を最大限に引き出すために。企業が求人メディアや自社HP等で「正直な情報発信」を徹底する採用コンセプト “オネストリクルーティング” を提唱。普及を進めています。

「埋もれた優秀人材」を、経済の起爆剤に。
“埋蔵人材”の再配置&アクティベーション

優秀で、大きなポテンシャルがあるのに、職場でチャンスが得られない。若手・ミドル層ともに、こうした “埋蔵人材”は大きな社会課題です。日本経済の起爆剤となりうる“埋蔵人材”の心に火を灯し、新たな活躍の場を提供しています。

「充実感のあるワークライフ」を、あらゆる人に。
多様な働き方の推進(ワークスタイル・ダイバーシティ)

あらゆる人が、各々の形で「充実感のあるワークライフ」を送れるように。時間や場所などの制約がある方もベストな働き方を選べるよう、派遣・アルバイト・フリーランス・時短勤務・テレワークなど多様な選択肢を開拓・提供しています。

「採用」の力を信じ、社会を大きく変えていく。
エン・ジャパンの採用支援プロジェクト

「採用」には、世の中を変える力がある。そう信じるenの全社横断プロジェクトです。国や自治体のあり方を変える。新しいテクノロジーを創出する……志ある企業・団体の採用を徹底支援。入社後の活躍まで責任を持って伴走しています。

SDGs観点での社会貢献
enはサステナビリティの考え方にも強く共感しています。国連で採択された「SDGs」に照らし合わせると、下記のように貢献できると考えています。