ダイバーシティ

enグループのダイバーシティ推進
en グループでは、画一的な視点や従来からの固定観念にとらわれないイノベーティブな事業創造のために、「多様な人材の活躍」が必要不可欠であると考えています。従来から注力している「女性活躍推進」に加え、海外人材の採用、既存社員のキャリアパス多様化、LGBT フレンドリーな制度整備、障がい者雇用の促進など様々な施策を通じ、ダイバーシティ&インクルージョンを推進してまいります。
女性活躍推進
WOMenLABO
エンを『世界で一番、女性が活躍する会社』にするためのプロジェクト。
女性活躍推進
スマートグロース制度
「ライフステージが変わっても仕事を頑張り続けたい」に応える、新しい勤務体系。
女性活躍推進
復職ママセミナー
スムーズなリスタートのために。育休復帰予定者向けの特別セミナー。
女性活躍推進
ベビーシッター割引制度
はたらくママ・パパ社員を応援!ベビーシッター割引制度。
女性活躍推進
家事代行割引制度
家事による負担を最小限に。全社員を対象に家事代行割引制度を導入。
多様なキャリアパス
ハイプレーヤー職系
マネジメントライン以外の選択も。ハイプレーヤーとして専門性を磨き続ける社員向けのキャリアパス。
多様なキャリアパス
チャレンジ管理職制度
まずは”お試し”。初めてマネジメントにチャレンジするメンバー向けの育成制度。
多様なキャリアパス
社内公募制度
社員の新たなチャレンジを応援。辞令ではなく”立候補”で異動希望が出せるキャリア制度。
グローバル
ボーダレスな人材登用
アジア、オーストラリア、中国など、世界20ヶ国以上の多国籍人材が活躍中。
LGBT
同性パートナーシップ制度
LGBTで事実婚関係がある社員向けにも、異性パートナーや家族向けと同等の福利厚生制度を提供。
LGBT
「Tokyo Rainbow Pride」参加
LGBTの祭典「Tokyo Rainbow Pride」の趣意に賛同。enグループ全体でパレードに参加。
障害者雇用
特例子会社の設置
ハンディキャップを持つ皆さんにも、働く喜びを。特例子会社「ベイク・ド・ナチュレ」での障害者雇用推進。
WOMenLABOの活動

エン・ジャパンは、設立当初より女性の積極採用に取り組むと同時に、性差によらない配置を実施。そのため社員構成比も男女5:5程度、女性社員の職域も多岐にわたります。

しかし、社員の在籍年数が上がるとともに結婚・出産といったライフイベントを迎える女性社員が増え、女性の継続就業や管理職への登用率が課題に。そこで2011年10月、社内有志によるプロジェクト『WOMenLABO』を発足しました。

現在『WOMenLABO』には若手から中堅、ベテランまで数十名の女性社員が所属。女性取締役の河合がサポート役をつとめ、ロールモデルの紹介から、女性社員同士部門を超えたネットワークの構築、テレワークなどの多様な働き方の制度づくり、初めての管理職女性のためのメンター制度づくりまで、様々な取り組みを推進。また活躍している社員のインタビュー記事を以下メディアで発信しています。

【WOMenLABO】https://corp.en-japan.com/womenlabo/

スマートグロース制度

育児・介護等で勤務時間に制約があるものの、高いパフォーマンスを発揮している社員を応援する勤務制度。一定の成果をあげ、基準のグレードに達している社員を対象に、従来型の「時短勤務制度」と本制度を選択できる仕組みです。

従来型の「時短勤務制度」に対し、「スマートグロース制度」には、通常フルタイム勤務の給与に含まれる”みなし残業代”相当分を追加。また勤務時間体系もフレックスタイム制とし、子どもを保育園に送ってから出社するなど、柔軟な働き方が可能になります。「ライフステージが変わっても仕事を頑張り続けたい」という気持ちに応えます。

▼関連記事
時短管理職が13人 成果に報いる人事制度が奏功

復職ママセミナー

エン・ジャパンでは、過去4年間に出産や育児休暇取得を経験した女性社員の人数が60名を超え、今後もママ社員の増加が予想されています。そこで、復職を予定している社員向けのセミナーを開催。育休明けのスムーズな職場復帰や復帰後の活躍促進を図るためのノウハウを提供しています。

参加した社員からは「仕事復帰の心構えを持つことができた」「復帰している方が充実感を持った表情で話してくれたので、前向きな気持ちになった」「復帰するまでに夫と家事分担について話し合おうと思った」といったコメントが多数。毎年社員から好評のセミナーです。

▼関連記事
復職ママセミナー、第二弾開催!#きょうのエン 赤ちゃんとママたちが大集合!その訳は…? #きょうのエン

ベビーシッター割引制度

子供を育てながら仕事をしていると、「急な熱や病気で保育園に通わせられないけれど、大事な仕事が!」「子供は元気なのに、学級閉鎖に…。子供が預けらる場所がない!」といったシーンに遭遇するもの。そんなママ・パパ社員をサポートすべく、エン・ジャパンでは2019年より内閣府が推進する「ベビーシッター利用者支援事業」を導入することに。共働きの社員であれば、1回子ども1人つき2,200円、利用料の割引が受けられます。

▼関連記事
働くママ・パパ社員を応援!内閣府「ベビーシッター割引券」導入説明会開催♪ #きょうのエン

家事代行割引制度

子育てをしながら勤務する女性社員の発案から決定した、本制度の導入。「家事による負担を少しでも軽減し、仕事に打ち込みたい」という社員の気持ちに応える制度です。株式会社CaSyが提供する「CaSy(カジー)」法人プランを導入。お掃除代行、お料理代行のサービスを割引で利用できます。

▼関連記事
家事代行の法人割引サービス導入決定!提案者に聞いてみた。#きょうのエン

ハイプレーヤー職系

リーダー、マネージャー、部長・・・とマネジメントラインを目指すキャリアパスのほかに、プレーヤーとして専門性を高め、特定領域でスペシャリストを目指す社員向けの職系を設置。ハイプレーヤーとして高い業績をあげる社員を適切に評価する仕組みを整えました。経験を重ねることで、専門執行役員を目指すこともできます。

チャレンジ管理職制度

リーダー(係長)職や、マネージャー(課長)職に昇格する際、一定の育成期間を設定する制度。期間中は研修を通じて管理職の心得やミッション、労務管理や担当領域の専門知識を身につけながら、管理職としてのスキルを磨きます。チャレンジ期間中の成果や周囲からの評価をふまえ、正式登用の判断を行ないます。「いきなり管理職を任されるのは不安」「自分に管理職の適性があるか判断したい」といった社員に特に好評です。

▼関連記事
若手の力を引き出す「チャレンジ管理職制度」を解説! #きょうのエン

社内公募制度

社員の異動によって組織強化をしたい部門が、社内で人材募集を行なう人事制度。社員は応募前に上司に相談する必要なく、自ら希望して応募することができます。また会社にとっても、活躍人材の発掘や組織活性化といったメリットがあります。キャリア開発の一環として、エン・ジャパンが大切にしているキャリア制度です。

▼関連記事
社内公募制度の裏側★7月は20ポジション募集中!

ボーダレスな人材登用

enグループでは様々な国・地域の社員を積極採用しています。グローバル人材紹介を手掛けるen worldを中心に、アメリカ・オーストラリア・中国・韓国など世界20ヶ国以上の多国籍人材が活躍中。国籍や年齢に関係なく「仕事の成果」でフラットに評価する風土があります。

同性パートナーシップ制度

エン・ジャパンでは「結婚記念日お祝い金」「単身赴任手当」など、パートナーや家族を持つ社員向けに様々な制度を用意しています。これら制度の適用範囲を2019年より、LGBTで事実婚関係がある社員向けにも拡大。男女の婚姻関係がある社員と同等の福利厚生制度を受けることが可能になりました。

「Tokyo Rainbow Pride」参加

enグループでは2018年より「Tokyo Rainbow Pride」の趣意に賛同し、エンワールド・ジャパンおよびエン・ジャパンの有志社員がパレードに参加しています。

▼関連記事
エングループで「Tokyo Rainbow Pride 2019」に参加しました!#きょうのエン

特例子会社の設置

エン・ジャパンでは「特例子会社(※)」として、焼き菓子の製造・販売を行なう『ベイク・ド・ナチュレ』を運営。ハンディキャップを持つ皆さんにも、働くことのやりがい、仲間の輪をひろげる楽しさを味わってほしいという想いから、障害者雇用を積極的に進めています。

※特例子会社
障害者雇用率制度においては、障害者の雇用機会の確保(法定雇用率=2.0%)は 個々の事業主(企業)ごとに義務づけられている。 一方、障害者の雇用の促進及び安定を図るため、事業主が障害者の雇用に特別の配 慮をした子会社を設立し、一定の要件を満たす場合には、特例としてその子会社に雇 用されている労働者を親会社に雇用されているものとみなして、実雇用率を算定でき ることとしている。

▼広報の清水による「ベイク・ド・ナチュレ」潜入レポートはこちら。
飛び出せしみねぇ!エンの特例子会社『ベイク・ド・ナチュレ』へ出張レポート!